株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

私が行政書士の資格取得にこだわる理由

現在の私は「あきらめきれぬ事があるなら、あきらめきれぬとあきらめる」という心境で行政書士試験に挑戦しています。

まぁ、ブルーハーツの歌詞から丸パクリしたわけですが、今の私の心境は本当にこんな感じです。

何度落ちようが合格するまでやってやるって、という感じなんです。

行政書士試験に合格すること、それがこのブログを始めた目的のひとつでもあります

なので、今日は私がこの資格にこだわる理由を書いてみたいと思います。

資格取得にこだわるのは独立開業したいから

私が何故、資格の取得にこだわるのかというと、単純に独立開業したいからです

なんか子供みたいな理由で申し訳ないです。

もちろん行政書士試験に合格し、行政書士として独立できたら、個人事業者や中小企業の社長さん達のお役に立ちたいという思いはあります。

行政書士として仕事をし、人の役に立ちながら、暇なときは株とFXのトレードを誰に遠慮するでもなくできるなんて、個人的には最高です。

そんな事は合格してから考えろと言われそうですが・・・

現在の保有資格では独立は難しい

プロフィールにもある通り、私は複数の資格を保有しているのですが、現在保有している資格で独立するとなると色々と難しい面があります。

宅建の資格でもって宅建業を営むこともできますが、独立するには数百万円の資金が要りますし、不動産は経験がものをいう世界ですから、不動産業界で働いた経験がまったくない私には無理です。

「じゃあ、何で資格を取ったんだ」と言われそうですが、本業ではなく、あくまで副業として宅建の知識が役立つ事もあるだろうと思い取得しました。

FPでも独立されている方はいますし、私自身も税理士事務所で勤めていた時にFP業務の経験があるので、こちらはなんとか独立できそうなのですが、残念ながら若い経営者ならいざ知らず、高齢の経営者は「ファイナンシャル・プランナー」と言ってもピンときません。

私は顧客ターゲットを高齢者の方に絞っていきたいと思っていますので、そもそもFPという職業をお客さんが知らないというのは警戒されてしまいまずいです。

そういう訳でFPの資格も宅建と同じで副業でできたら良いなと考えています。

町の社長さんは行政書士を知っている

経営をされている方であれば知っていて当然の士業の中に、弁護士や税理士、司法書士などの他に行政書士も入っています

もっとも、何をしているかはよく分からないけど、聞いたことはあるという程度だと思いますが。

その程度でも行政書士という肩書ひとつで安心される方もけっこういるから不思議です。

要は、新規に顧客を獲得するときの取っ掛かりとして行政書士という肩書は使えるのです。

あくまで経営者の方に対してだけですが。

税理士事務所に勤めていた時の印象

税理士事務所によって違うとは思いますが、私が勤めていた事務所では、行政書士と提携をしていて、ちょくちょく行政書士の先生と一緒に仕事をしたりしました。

税理士事務所の顧客から依頼された許認可業務を行政書士に依頼するためなのですが、これがけっこうあるんです。

もちろんその行政書士の腕がよかったから依頼していたと思いますが、行政書士として独立するのもありかな、と思うには充分の印象でした。

行政書士試験にかかる費用や勉強時間が現実的

行政書士試験に何度も落ちている私が言うのもなんですが、行政書士試験は資格取得にかかる費用や合格するまでの必要な勉強時間などが、働きながら資格に挑戦している人にとって丁度良いんですよ。

これが、司法試験とかだったら、働きながら合格するなんて到底無理ですし、費用だって専門学校にいくとしても50万円以上はかかりますし、法科大学院(ロースクール)にいこうとしたら何百万円もかかってしまいます。

これだと、さすがに現実的とは言えません。

費用面や勉強時間の確保だけでなく、私の頭の性能のこともありますし(笑)。

結局、私の場合は、ギリギリ独立開業できる資格で、費用もそれほどかからず独学で、働きながらでも合格できそうなのが行政書士試験だったということです。

以上が、私が行政書士の資格取得にこだわる理由です。

最後に

行政書士試験に限らず、資格に挑戦するという事は、知識は増えていきますし、仕事や家庭での色んなことをこなしながらの勉強になると思いますので、そういう環境の中でも、しっかりと勉強できれば、知らず知らずのうちに自己管理能力がついていると思います。

この自己管理能力は、これからの社会を生き抜くうえで、重要な能力なのではないかと思います

私はかなりテキトウな男なので、四十路前にもかかわらず自己管理能力はまだ低いままですが、それでも以前に比べたら高くなった方なのです。

資格取得に挑戦することで、違う自分になっていることに気がづいたとき、きっと何とも言えない達成感、充実感を味わえるのではないかと今から楽しみにしています。

これから資格の取得に挑戦する方も、そんな自分を想像してみてはいかがですか?

FPとして相続の相談を受け、行政書士として遺言書の作成や遺産分割協議書の作成をする、そんな姿を想像しながらブログ記事の公開ボタンをクリックしたいと思います。