株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的なブログです。主に投資関連やトレード成績、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

デスクワークでの肩こりを解消する方法

デスクワークの多い職種の方やFXでスキャルピングをする方は、同じような悩みを持っている方も多いかと思いますが、私はFXでスキャルピングをするようになってから、首、肩、背中、腰、お尻と色んな所がカチコチになるようになりました。

仕事でもデスクワークが多いので、仕事とFXの時間を合わせるとかなりの時間パソコンと向き合っています。

画面をじっと凝視して動かないので、知らず知らずの内に血行不良を起こしていたのだと思います。

体が固まったまま布団に入ると寝つきは悪いし、朝は朝で首を寝違えてるしで最悪でした。

このままでは仕事にも影響が出るし何とかしないと、と試してみたのが腱鞘炎防止に効果のあるエルゴノミクス設計マウスとPC用のメガネです。

それと寝る前のストレッチと週2回の筋力トレーニングで完璧です。

私は、これで体のコリとは無縁になりました。

エルゴノミクス設計マウスは、マウスを持つときに手首をひねらないように設計されており、手首をひねらないことで神経が圧迫されず、その結果、手首の負担が軽減されるらしいです。

はじめは半信半疑だったのですが、使ってみると長時間マウスを握っていても、手首はもちろん、肩や首も驚くほど楽で、今では気分よくFXのトレードができています。

PC用のメガネも本当に半信半疑で、こんなものに5,000円も使ってしまっていいのか迷いましたが、思い切って買って使用してみたら、あきらかに目の疲れが違います。

今までは目の奥が痛くなったり、目がショボショボしたり、朝起きると目ヤニがたくさんついていたりしたのですが、それがなくなりました。

そして、体調を保つための仕上げに、寝る前に布団の中で軽くストレッチをします。これは、それほど時間をかけなくても大丈夫で、だいたい5~10分くらいするだけです。

時間はかけなくてもいいですが、一応体全体をまんべんなくストレッチします。

すると、スイッチが切れたように眠りにつくことができるうえに、爽やかな朝を迎えることもできるようになり、さらには心なしか痩せたような気もしてくる(あくまで気がするだけ)のです。

ストレッチさえしていれば、筋力トレーニングは別にしなくてもいいとは思いますが、歳のせいか体力、筋力の衰えを感じるようになったので一応やっています。

長時間のデスクワークで体のコリが酷い方は、一度騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、今回の記事内容は個人的な感想なので、個人差があるとは思いますので、その辺はご了承ください。

ちなみに私が買ったマウスは2,000円くらいの商品です。この形状のマウスは、あまり人気がないみたいで、大手メーカーの商品が無いので残念です。

大手メーカーが品質の良いエルゴノミクス設計マウスを発売したら、買い替えたいと思っています。

今までは相場だけでなく、コリとの戦いもあったので成績も芳しくなかったのかも(笑)。

こちらは、首コリに効くストレッチを紹介した記事です。

www.kabufxshikaku.com