株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは日経平均株価やドル円の予想をしたり、トレード成績や資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告などを書いています。

デスクワークでの肩こりや首こりを解消する方法

デスクワークの多い職種の方やFXでスキャルピングをする方は、同じような悩みを持っている方も多いかと思いますが、私はFXでスキャルピングをするようになってから、首、肩、背中、腰、お尻と色んな所がカチンコチンになるようになりました。

なので、今日は肩こりや首こりを解消するために私がした対策を書いてみたいと思います。

※2018年1月6日に記事を修正しました。

エルゴノミクス設計マウスとPC用メガネを買った

私は仕事でもデスクワークが多いので、仕事とFXの時間を合わせると、かなりの時間パソコンと向き合っています。

パソコンと向き合っている時は、パソコン画面をじっと凝視して動かない時間が多くなってしまい、知らず知らずの内に血行不良を起こしてしまいます。

本当に体がカチンコチンになるんですよね。

体が固まったまま布団に入ると寝つきは悪いし、朝は朝で首を寝違えてるしで最悪でした。

このままでは、仕事にも影響が出るし何とかしないと、と試してみたのが腱鞘炎防止に効果のあるエルゴノミクス設計マウスとPC用のメガネです。

エルゴノミクス設計マウスは、マウスを持つときに手首をひねらないように設計されており、手首をひねらないことで神経が圧迫されず、その結果、手首の負担が軽減されるらしいです。

はじめは半信半疑だったのですが、使ってみると長時間マウスを握っていても、手首はもちろん、肩や首も驚くほど楽で、今では気分よくFXのトレードができています。

PC用のメガネも本当に半信半疑で、こんなものに5,000円も使ってしまっていいのか迷いましたが、思い切って買って使用してみたら、あきらかに目の疲れが違います。

PC用メガネを使用するまでは、目の奥が痛くなったり、目がショボショボしたり、朝起きると目ヤニがたくさんついていたりしたのですが、それがなくなりました。

正直、こんなもので効果があるなんて、と今でも不思議ですね。

筋トレとストレッチを始めた

マウスやメガネの他にも軽く運動をするようにしました。

週2回の筋力トレーニングと寝る前のストレッチです。

筋トレは、筋肉をつけるのが目的ではなく、筋肉をほぐす目的でやっているので、ギリギリまで追い込んで筋トレに励むようなことはしていません。

まぁ、それでもある程度の筋肉はつきますが。

軽い負荷をかけて、それぞれの部位を鍛えていく感じですね。

僧帽筋あたりを鍛えると、肩の血行が良くなって肩こりや首こりが解消されるような気がしてます(あくまで個人の感覚ですが)。

そして、体調を保つための仕上げに、寝る前に布団の中で軽くストレッチをしています。

これは、それほど時間をかけなくても大丈夫で、だいたい5~10分くらいするだけです。

時間はかけなくてもいいですが、一応体全体をまんべんなくストレッチします。

すると、スイッチが切れたように眠りにつくことができるうえに、爽やかな朝を迎えることもできるようになり、さらには心なしか痩せたような気もしてくる(あくまで気がするだけ)のです。

筋力トレーニングとストレッチで肩こりや首こりとおさらばでき、筋肉も多少つくので、やってみる価値はあると思います。

あとがき

私は、これらの対策をしてから、肩こりや首こりと無縁になりました。

長時間のデスクワークで体のコリが酷い方は、一度騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、今回の記事内容は個人的な感想なので、個人差があるとは思いますので、その辺はご了承ください。

ちなみに、私が買ったマウスは2,000円くらいの商品です。

この形状のマウスは、あまり人気がないみたいで、大手メーカーの商品が無いので残念です。

大手メーカーが品質の良いエルゴノミクス設計マウスを発売したら、買い替えたいと思っています。

今までは相場だけでなく、コリとの戦いもあったので成績も芳しくなかったのかも(笑)。

こちらは、首こりに効くストレッチを紹介した記事です。

www.kabufxshikaku.com

【スポンサーリンク】