株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験と税理士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

商法・基礎法学・一般知識の基本問題が予定通りに終了

行政法の基本問題に続き、商法・基礎法学・一般知識の基本問題を終わらせたのでまとめて報告したいと思います。

後、基本問題集にある記述式の問題も終わらせました。

商法の基本問題が終了

商法の基本テキスト・基本問題に充てる期間は2日間しかなく、かなりきつかったのですが、なんとか終わらせることができました。

今回の3つの科目すべてそうなのですが、それほどテキストを熟読することはせずに、集中して問題を解いて解説をしっかりと読むスタイルで進めました。

この3つの科目は、これから出てきた問題だけをやってテキストは一度も見直しをしない予定です。

それぐらい割り切ってやらないと時間が足りないし、過去問さえしっかりとやっていれば6割は得点できる科目でもあるので、他の科目(行政法と民法)に時間を割きたいと思います。

基本問題の正解率は、今調べたのですが55%でした。6割得点できるとか言ったばかりなのに、6割を下回ってしまったので、ちょっと心配ですが過去問をやっていけば大丈夫だと思います。たぶん。

商法で間違えた箇所は、会社法の設立や取締役の所ですね。他はそれほど間違っていなかったと思います。

ただ、間違えた箇所が試験に出題されることが多いような箇所なので、また間違えないように復習します。

基礎法学・記述式の基本問題が終了

基礎法学・記述式の基本テキスト・基本問題に充てる期間も2日間でした。

基礎法学の基本問題の正解率は50%で記述式の基本問題の正解率が80%でした。

基礎法学の正解率が低いですが、配点は少ない科目なのでそれほど気にしていません。

それより記述式の正解率が80%を超えていたので、基本問題とはいえ嬉しいですね。

記述式で得点できるようになると合格にかなり近づくと思うんですよね。

昨年は記述式の問題が0点でしたからね(笑)。

それでもギリギリ不合格だったので、記述式の得点が伸びれば合格に大きく近づくと思います。

今年は記述式専用の問題集や解法テクニックの教材も購入したので、記述式の問題は5割くらい正解したいです。

一般知識の基本問題が終了

一般知識の基本テキスト・基本問題に充てる期間も2日間で、これが一番きつかったです。

ものすごいスピードで進めていったので、2日目の終わりあたりは、仕事の疲れも相まって頭がぼーっとしてしまいました。それでも一般知識の正解率は70%だったので安心してます。

現在は肢別問題集を勉強中

これで、基本テキスト・基本問題集すべてを終了することができました。

今回のようにしっかりと最後まで終わらせることができたのは初めてのことなので嬉しいです。

今までは、途中までやって時間がなくなって、最後まで終わらせずに模試に移行するというのがパターンだったんですよね。現時点で昨年の自分を超えてますね(笑)。

10月1日から肢別問題集をやっています。1週間で終わらせる予定になっていますが、700ページある問題集なので、1日100ページやらないと終わりません。

これはとても終わらせる自信がないので、どうしたものかと迷っていますが、迷っている暇があるなら1ページでも進めた方が良いと思うのであきらめずに頑張ります。

今後も行政書士試験の勉強の進み具合を報告していくので、ブログの更新があったら「まだあきらめてないんだな」とか「意外と頑張ってんな」とか思ってくださいね。

過去の関連記事です。よかったらどうぞ。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・