株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは日経平均株価やドル円の予想をしたり、トレード成績や資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告などを書いています。

行政書士試験の記述式解法テクニックが終了

相変わらず肢別問題集が終わらずに半泣き状態が続いていますが、そんな中でも記述式問題に関する教材である「記述式解法テクニック」が終了したので報告します。

記述式解法テクニックは、10月11日に終わらせる予定だったのですが、1日遅れの12日になんとか終わらせることができました。

※2018年1月23日に記事を修正しました。

スケジュール通りに問題を消化できない

肢別問題集あたりから、どんどん予定通りに消化することができなくなってしまい苦しい状況が続いていますが、少しずつでも終わらせて、合格の確率を高めていけたらと思って頑張っています。

今は記述式の問題集をやっている途中ですが、これも大幅に予定をオーバーしてしまうのは確実なので、どんどん苦しくなっていきます。

ちなみに、肢別問題集はやっと半分終わったところです。

11月に入れば勉強時間をたくさん確保できると思うので、そこでなんとか挽回できたらと思っています。

そのために、今は限られた時間でもコツコツと勉強していくことが大事だと思っています。

11月になって休みがとれても、その時点で手遅れになっていたら意味がないですからね。

記述式解法テクニックの効果

現在、記述式解法テクニックが終了して記述式の問題集をやっている途中ですが、確実に解法テクニックをやった効果が出ているので、そのことを報告したいと思います。

初学者や独学の方にはオススメします。

昨年までは、記述式問題まで手が回らず、対策をまったくせずに試験に挑戦していたので、記述式は白紙で提出していました。

こんなんで合格できるはずもないですよね(笑)。

それが今回、記述式解法テクニックをやってから記述式問題集を解いてみると、半分以上正解できるようになっていました。

これだけで30点のアップなので、昨年と一昨年の試験の得点にプラスすると、合格していたということにります。

もちろん、そんな単純な話ではないことは分かっていますが、それでもモチベーションがぐいぐいと上がっていくのを感じます。

本試験レベルの難しい記述式問題でも、何とか20~30点は得点できるくらいまで仕上げるように頑張ります。

断腸の思いで過去問集を削る

なんとか予定通りに問題を消化していけるように努力してきたつもりなんですが、どう考えても教材を消化できそうもないので、過去問の「一発合格行政書士過去5年本試験問題集」をやらないことに決めました。

やはりゴールデンウィークに衝動買いした分が、後々自分の首を絞めることになりました。

確保できる勉強時間を考えたら、買うという選択肢はなかったはずなのですが、買うことで勉強した気になって、安心してしまうアホなところが出てしまいました。反省。

これからは、しっかりと確保できる勉強時間を頭に入れてから、教材を買うよう心掛けたいと思います。

ただ、過去問をあきらめたことで、5日間の猶予ができたので、その間に肢別問題集と記述式問題集を終わらせたいと思います。

勉強時間がとれなくても、とりあえずは試験日まで最低でも1時間(休みの日は5時間以上)は、毎日勉強することを目標に頑張ります。

過去の関連記事です。こちらの記事では、肢別問題集がスケジュール通りに終わらなくて焦っていることを書いています。

www.kabufxshikaku.com

【スポンサーリンク】