株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

指値注文が約定して株式保有額が70万円台まで減少

日経平均株価が上昇し、今年前半に購入し保有していた株がどんどんと約定しています。とはいっても、多額の利益を計上しているわけではなく、含み損がなくなり、ほんの少しの利益でやれやれ売りをしただけです。

アベノミクス開始当初は500万円近くはあった株式保有額が売買を繰り返すうちに少しずつ減っていき、ついには70万円台(保有額が減ったという話で430万円損をしたということではないですよ。)になってしまいました。

少し寂しい気持ちもありますが、アメリカの大統領選挙後の相場がどうなるか分かりませんし、個人的には2017年はヨーロッパの主要国で選挙もあり、不安定な年になるのではないかと予想しているので、これくらいの保有額でも別にいいかな、と思っています。

それにしても約定メールがどんどんと通知されると、もう少し持っていてもよかったんじゃないか、とか一瞬考えてしまいますね。

現在保有している銘柄の8割は、余程のことがない限り売却しない銘柄で、残りの2割くらいは、ある程度の利益が出たら売却する予定の銘柄です。なので、残りの2割くらいは、まだ指値注文を出しています。最終的には50万円台になるかもしれません。

株式投資に投資する資金は、来年移行も少なくなると思います。あまった資金は、少しだけFXにまわして、残りは銀行に預けておきます。

そしてチャンスが来た時にまた、全力で購入しようと思います。それまではFXでちょこちょこトレードをしていくつもりです。勝てるようになると良いけど。

私のニックネームは「裏道」と言いますが、これは株式投資の代表的な格言である「人の行く裏に道あり花の山」から拝借したんですね。それくらいこの格言が好きというか、この格言に儲けさせてもらったんですね。

なので、これからもこの格言通りの行動をとっていきたいと思います。ただ、この格言通りに上手くやるにはタイミングが死ぬほど大切なんですよね。

このタイミングを間違えて、余計な含み損を抱えてしまうことが多いです。今年の前半の急落時も手を出すのが早かったので含み損を抱えてしまい、利確するのが10月になってしまった銘柄もありますし。

なので、これまた好きな格言である「落ちてくるナイフはつかむな」という格言をしっかりと守り、守った後は「二度に買うべし、二度に売るべし」の格言通りに売買していけたらと思います。

今回の日経平均株価の上昇が、アメリカの大統領選挙まで続くとするなら、その頃には株式保有額は50万円台になっていると思います。

金曜日の出来高がけっこうあったので、来週以降の出来高を注視したいです。

過去の関連記事です。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・