株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

中国の10月末外貨準備高が減少したのはドル高が要因

そういえば、中国の10月末の外貨準備高が前月比で457億ドル減少し、3兆1206億ドル(約326兆円)になりましたね。これは、ひと月前の情報でブログに書きたいと思っていたのですが、行政書士試験の直前でそれどころではなく、今になって書いています。

以前にも書いたと思いますが、中国が発表している数字が本当かどうかは置いておくとして、外貨準備高が減少していることは間違いないのではないでしょうか。

ドル高で中国から資本逃避は加速するか

米ドルが9月の末からジリジリと上昇し、それが10月末まで続いたことで外貨準備高が減少してしまったのだと思います。10月末どころか、12月現在もドル高は続いているのですが。

これにより、中国は元買い・ドル売りの為替介入をせざるを得なくなったということだと思います。

10月末時点でこれなんですから、さらにドル高が進んだ11月末時点での中国の外貨準備高はどれくらいになっているのでしょうか。

数字を作ってきて意外と外貨準備高は減少していない、みたいな感じになるのかな?

どんな感じになろうとも、しばらくは中国からの資本流出は避けられないと思います。それがいつまで続くのかは分かりませんが。

円安で日本の実質賃金は伸び悩みそう

今後も中国からの資本逃避は続くとして、日本はドル高によってどうなるのか、自分なりに心配していることを書いてみたいと思います。

株価のことを考えた場合、円安のおかげで株価も上昇して嬉しいのは嬉しいのですが、このまま円安が継続するとなると、また物価が上昇して、せっかく上昇し始めた実質賃金が減少してしまうかもしれません。

OPECの総会で原油も8年ぶりの減産に合意して、原油価格も上昇するでしょうから、株を保有している人にとっては喜ばしい事も、それ以外の人にとっては物価が上昇する割に賃金が上昇しないという苦しい状況になってしまいそうで心配しています。

ほんと、ドル円は100~105円くらいをうろちょろしてくれてた方が日本経済にとっては一番安定するような気もするんですけど、そういう訳にもいかないですからね。

2017年のドル高予想が早めに来た

ちなみに以前、ブログでアメリカの大統領選挙後の2017年はドル高になるのではないかと書いていましたが、大統領選挙直後にドル高になりましたね。

こうなってくると逆に2017年の予想が難しくなってしまいます。2017年は何かをきっかけに急激な円高や円安に見舞われるのではないかと勝手に心配しています。それに2016年も後1ヶ月ありますから油断はできないですし。

現在は、節目節目で円高に転換していく可能性を頭に入れてトレードをしています。

金曜日のアメリカの雇用統計は、予想より数字が悪かったせいもあって円高になっていますが、これが転換点になりそうかというと、そんな感じでもないような気がするし、よくわかりません。

まぁ、きっと後になってここが転換点だったな、と気づくだけなので、あまり気にしても仕方ないですね。

FXに関しては短期でトレードをするので、その時の相場の流れに逆らわずにトレードしていくだけです。

こちらも中国の外貨準備高とドル高について書いた記事です。よければどうぞ。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・