株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

行政書士試験で新しい勉強法を試してみる。

まだ、行政書士試験の結果は出ていませんが、おそらく10点くらい足りなくてギリギリ不合格という結果になると思います。

これで3年連続でギリギリ不合格という結果になりそうなので、このままではギリギリ不合格という結果が続いてしまいそうな気がしています。

この壁を何とか打ち破って合格を手にするために、思い切って新しい勉強法を試してみたいと思います。

今の勉強法だと合格できない?

この3年間の内、2年目までは記述式問題を白紙で出していてギリギリ不合格という結果だったので、もし記述式問題をしっかりと勉強して受験していれば、合格できていたと思います。

そして3年目は、記述式問題の対策をしっかりとして受験して、記述式問題はある程度できたのですが、他の問題の難易度が上がっていて、ギリギリ不合格という結果になると思っています。

なので、1年でも早く記述式問題の対策をしていたら、合格するチャンスはあったのですが、自分が至らないばかりにそのチャンスを逃してしまいました。

このまま勉強を続けていれば、運が良ければ、いつかは合格できると思うのですが、運に頼っている限りそれがいつになるか分かりません。

今までの勉強方法を続けていても、行政書士試験が今後さらに難化傾向を強めていけば、合格は遠のいていってしまうと思います。

なので、行政書士試験に楽勝で合格するために、新しい勉強法を試してみようと思います。

時間はかかるが理解ノートを作成する

新しい勉強法は時間がかかりますが、幸い次の行政書士試験まで充分に時間があるので、問題ないと思います。

恥ずかしい話ですが、今まで私は行政書士試験の2、3ヶ月前になって慌てて勉強を始めるという感じだったので、1年をかけてしっかりじっくりと勉強をする、ということをしたことがありません。

そんな感じで勉強していたものですから、どうしても理解が不十分なままで問題を解いて試験に臨んでいました。理解しているかどうかよりも、得点できるかどうかを重視して、なるべく少ない勉強時間で得点を伸ばす勉強法をやっていたんですね。

今回はそこを改善して、しっかりと深いところまで理解して問題を解いてから試験に臨む、というのをやってみたいと思います。

まぁ、当たり前のことをこれからやるという事です。どうしても時間がなくて、その辺が疎かになっていました。

どういった感じで理解を深めていくかというと、行政書士受験6法を条文ごとにノートに簡単にまとめていくという方法をとりたいと思います。

もちろんすべてノートにまとめるとなると、ものすごい時間がかかるので、理解が浅いと感じた所や重要な箇所を中心にまとめていこうと思います。

今までノートに書く方法の勉強は時間がかかることもありしたことがなかったので、どれくらいの効果があるかはすぐには分かりませんが、この勉強法を試して感じたことをまたブログに書いてみたいと思います。

自分がアホだとしっかりと認識する

もうね「自分を信じて」とかいう、しょうもない言葉を使わないようにします。私は自分を信じない。常に自分を疑いながら勉強していこうと思います。

実は仕事ではこれが出来ていたんです。自分を信じずに疑いながら仕事をすることで、仕事のスピードは遅くなるけれど、大きなミスはなくなるんですよね。

これからは、とにかく自分はアホなんだから、テキストを読むだけで理解できるわけないし、問題を解いても理解できない、と強く思うようにします。

問題を解くことで、理解を深めていくことはできるけれど、その前段階の理解する、ということは問題を解くだけではアホなんだからできない。

問題を解いて、正解していたからといって理解しているとは限らない。

どうしようもないアホなんだから、理解しているかどうかをしっかりと確認する作業が私には必要。

こんなことを思いながら、今年は資格試験に挑みたいと思います。

過去の関連記事です。

www.kabufxshikaku.com

www.kabufxshikaku.com