読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験と税理士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

中国の外貨準備高と貿易額がともに減少

【スポンサーリンク】

久しぶりに中国関連の記事を書きたいと思います。

アメリカでトランプ大統領が誕生することになり、すっかり世界の注目を集めている感がありますが、中国だって世界経済にとっては無視できない存在であることは間違いありません。

数日前に発表された報道では、その中国の外貨準備高や貿易額がともに減少していることが分かりました。

今回は、中国の外貨準備高と貿易額がどのような状況になっているのか、書いていきたいと思います。

中国の外貨準備高が3兆ドル割れ目前

中国の外貨準備高が12月末時点で3兆110億ドルで3兆ドル割れ目前となりました。

2016年の1年間では3,200億ドルの減少だそうです。この数字は大方の予想通りで驚きはまったくありません。

人民元の下落を食い止めようと元買いドル売りの介入をしたことが外貨準備高が減少した主な要因のようです。

2017年も中国の外貨準備高が同じようなペースで減少が続いた場合、トランプ次期大統領のネタに飽きた頃に、悪い意味で注目され始めるかも知れませんね。

以前に中国の外貨準備高に少しだけ触れた記事があったので、暇なら読んでくださいね。

www.kabufxshikaku.com

中国の貿易額が2年連続で前年割れ

中国が発表した2016年の貿易総額が前年比6.8%の減少となりました。

2年連続の前年割れで、こちらは個人的には予想外の数字となりました。前年割れするにしても、もう少しマシな数字になると思っていたからです。

理由は、人民元が安くなることで輸出額は少しはマシになるんじゃないかと予想していたからです。

予想に反して、輸出額は7.7%もの下落をし、輸入は5.5%の下落となりました。

元安のおかげで輸出額の減少が3~5%くらいに収まるんじゃないかと、なんとなく予想していたのですが、そんなに甘いものでもなかったみたいですね。

元安になったにも関わらず、輸出が伸びないどころか大幅に減少してしまうということは中国にとってかなりの問題だと思います。

中国の競争力の低下や世界経済の悪化が要因として挙げられると思いますが、今後はどうなっていくんですかね?

中国が現状を打破する為に、政治力・軍事力を使って強引に儲けを確保しようとするのではないかと思えて仕方がありません。まぁ、アメリカのトランプ次期大統領も同じようなもんですけどね。

5ヶ月くらい前に書いた記事ですが、いまだによく読んでもらっている記事を貼っておきますね。

この記事には、中国の外貨準備高が今後も減少していくこと、元安にしても輸出でボロ儲けできる環境ではなくなってきていることなんかを書いています。読んでみてくださいね。

www.kabufxshikaku.com

物事はほどほどに

上の記事には、グローバリズムの終焉の可能性にも触れているのですが、トランプ大統領が誕生することで現実味を帯びてきましたね。

どの国も自分の国を一番に考えることは悪い事だとは私は思わないです。ただ、自分の国さえ良ければ他の国はどうなったってかまわない、というのは長期的に考えると自分の国が損することになると思うんですよね。

何事もバランスが大事だと私は考えていて、「物事はほどほどに」が私の座右の銘のひとつでもあります。

アメリカも中国も自国の事ばかり考えるのは良いですけど、考えすぎて行き過ぎないようにしてほしいと願っています。

バランスを崩さないように、ほどほどに・・・

© 2016 株とFX、そして資格。