株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

行政書士試験の合否の結果を報告

昨日は、行政書士試験の合格発表日でした。

この日を心待ちにしていた方も多いとは思いますが、個人的にはまったくの平常心で発表日を迎えました。

合格するときは、合格発表日が気になったり、何度も自己採点を繰り返したりしてしまうので、それをしなかった今回はきっとダメなんだろうな、と思っていましたし、ブログにもそのように書いていたのですが、一応、結果を報告しようと思います。

不合格でも落ち込まない。というか、落ち込めない。

肝心の私の合否の結果ですが、以前にブログに書いていた通り、不合格という結果になりました。残念。

まぁ、仕方ないですね。昨年のうちに、すでに気持ちは今年の11月の試験に向けて切り替えていたので、それほどショックを受けることはありませんでした。

というか、試験に落ちてショックを受けたことが、今まであまりありません。

それは、きっと、自分でも集中して試験勉強に取り組めていなかったことに気づいているからだと思います。

それに、しっかりと最後までやりきって受験したときは、合格していますからね。

昨年は、8月まで試験勉強をやらずじまいだったのが悔やまれますね。いまさら言っても仕方ないですけど。

これで落ち込んでいたら「たいして勉強もしていないくせに、何をいっちょまえに落ち込んでんねん」と、言われてしまいますね。

せめて500~1,000時間くらいは勉強してないと。それくらい勉強して不合格だったら、思いっきり落ち込もうと思います。

ブログにもグダグダと意味のない愚痴を書いてやろうと思っていますので、そのときは我慢して読んでください。

やはり行政書士試験は難化傾向にある

今回の行政書士試験の受験申込者の数は53,456人、そのうち受験した数は41,053人で、合格者数は4,084人(合格率は9.95%)でした。

前回の合格率が13.12%だったので、やはり今回の試験は難しかったようですね。ただ、私が思っていたよりも合格率は高かったです。

もしかしたら、受験者のレベルが上がってきたのか、記述式問題の採点を甘くしたりしたのかも知れませんね。

最近は、司法試験を受験される方が、小手調べに行政書士試験を受験したりすることが増えてきて、そのせいで受験者のレベルが上がっていると聞きますし。

今年こそは試験日まで休まず勉強

とりあえず今年に入ってからの1ヶ月間は、1日も休まず勉強することができました。

1日も休まず勉強というと、すごい時間勉強しているように思われるかも知れませんが、1日何時間も勉強するというわけではなく、1日に数分でも良いから勉強するように心掛けているだけです。

私の場合、休んでしまうと、ズルズルと勉強するのを先延ばしにしてしまう悪い癖があるので、それだったら休まない方が良いだろうと思い、続けて勉強しています。

現状は平均で1日30~60分くらいしか勉強できていませんが、少しずつ勉強時間を増やしていく予定です。

周囲にはあきらめたふりをする

あの、よく資格取得本なんかで、資格取得に挑戦することを周りに公言すると良い、みたいなことを書いてある本がありますけど、あれは一概に正しいとは言えないと思うんですよね。

私の場合だけなのかも知れませんが、資格取得に挑戦することを周りに公言することは、トータルで考えるとマイナスです。

これは私が資格がものを言う世界で働いているせいかも知れませんが、そういう世界には資格取得をあきらめた人がたくさんいてですね、そういう人達の中に、資格取得に挑戦している人の邪魔をする人がいるんですよね。意識的にしているのか、無意識なのかはわかりませんが。

私の周りにはどうもそういう人が多いような気がするんですよ。なので、周りには資格取得をあきらめたことにしようと思っています。

来年こそは、行政書士試験合格の報告をブログでできるように頑張ります。

過去の関連記事です。良ければどうぞ。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・