株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

税理士試験財務諸表論の独学用テキストを使用した感想

まだ「みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集」にすべて目を通したわけではない状態で感想を書くことになり申し訳ありません。

いつまでもテキストの感想を書かないでいると、すぐに税理士試験日が来てしまいそうな気がしたんです。

試験直前になって「このテキストが良い」みたいな記事をブログに書いたって、受験生はとうの昔に独学用テキストを買ってしまっているわけですから意味ないですもんね。

それにこの時期、独学での税理士試験挑戦を考えている人は、テキストを何にしようかまだ迷っている途中の人も少なからずいると思いますので、参考までに早めに書いてみることにしました。

今回の記事は、テキストの内容を細かく紹介するものではなく、あくまで独学用の教材に適しているかどうかを感覚的に書いた記事なので、予めご了承ください。

やはり「みんなが欲しかったシリーズ」は分かりやすい

みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集

私が購入したTACの「みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集」は、やはりすごく分かりやすく書かれています。

この独学用テキストで合格に必要な基礎的な知識は身につくのではないかと思います。

私自身、税理士試験の独学は初めてだったので、テキストの内容がどういった感じになっているのか不安でしたが安心しました。

税理士試験の講座を通学で受講した経験があると言ってもですね、何せ17年前のことですから、独学用テキストの内容が理解できるか多少不安に思っていたんです。

そういった不安が杞憂に終わってほっとしています。さすがTACというところでしょうか。

独学者には便利な学習ナビ

TACの「みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集」には、1日にどれだけ学習したらいいのかが分かる学習ナビゲーションがついています。

1日目はここまで、2日目はここまで、という感じで指示をだしてくれています。

その学習ナビゲーション通りに学習を進めていけば、約2ヶ月で基礎学習を終えることができるようになっているので、計画的に学習を進められます。

ただ、これは正直な話、仕事をしながら学習ナビ通りに勉強を進めるのはきついと思います。

財務諸表論1科目だけなら、なんとか学習ナビ通りにこなせますが、これが2科目以上になると、働きながら学習ナビ通りに勉強を進めることができる人はひと握りなんじゃないかと思います。

私は財務諸表論と消費税法の2科目に加え、行政書士試験も並行して勉強しているので尚更です。

ほんとに無謀だなとは思うのですが、今のところどれかを削る予定はありません。

学習ナビ通りに進めるのはキツイにしても、学習ナビの半分のペースで勉強を進めても、約4ヶ月で基礎学習を終了することができ、ギリギリですが本試験には間に合うと思うので、4ヶ月ペースでやってみるつもりです。

それでも初学者には難しい

TACの「みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集」は、本当に分かりやすく説明してくれているのですが、それでも簿記2級に合格して初めて財務諸表論に挑戦する人にとっては、やはり理解するのは難しいのではないかと感じます。

計算はおそらく頑張れば大丈夫だと思うのですが、問題は理論ですね。財務諸表論の理論を講座で講師の解説を聴かずに独学用のテキストだけで理解するのは難しいのではないかと思います。

まだ税法科目の理論の方が理解はしやすいと思います。

財務諸表論の内容をひとつずつ、できるだけ分かりやすく説明しようとしているのは分かるけれど、それでも難しいんじゃないかなぁ、というのが感想です。

それでもこの教材しかない

色々と書きましたが、とても分かりやすいテキストであることは間違いのない「みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集」でさえ、初学者の独学用教材としては厳しいのではないかと思います。

簿記2級を取得して初めて財務諸表論に挑戦する人は、専門学校で講座を受講することをオススメします

「みんなが欲しかった税理士財務諸表論の教科書&問題集」は、専門学校で講座の受講経験があり、再度挑戦しようとする私みたいな人に適した教材だと思います。

後は、自分の理解力に相当な自信を持っている初学者くらいですかね。

それでも色々な事情で講座を受講することができない人は、このテキストで挑戦してみてはどうですかね。

大手の専門学校で税理士試験のテキストを市販しているところは、確かTACしかなかったと思うので、独学で税理士試験に挑戦する人にとっては、他に選択肢があまりないのが現状ですし。

具体的なテキストの内容を紹介することができなくて申し訳ありませんが、結論の部分だけでも参考にしていただければと思います。

過去の関連記事です。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・