株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験と税理士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

税理士試験消費税法の独学用テキストの使用感

前回、記事にした『税理士試験財務諸表論の独学用テキストを使用した感想』とほとんど変わりませんが、いちおう消費税法の独学用テキストの感想も軽く書いておこうと思います。

使用しているテキストは「みんなが欲しかった税理士消費税法の教科書&問題集」です。

分かりやすいのは間違いない

みんなが欲しかった税理士消費税法の教科書&問題集

「みんなが欲しかったシリーズ」で勉強するたびに言っていることのなので、もう言わないでいいような気もするのですが、いちおう言っておきます。

本当に分かりやすいテキストです。表紙に「門外不出のTACメソッドを書籍化」と書いてありますが、大袈裟だとは感じません。

やはり独学用テキストとしては、高品質な教材だと思います。ただ、それでも理解するのにひと苦労します。

特に初学者や実務経験のない人にとっては、財務諸表論のテキストよりもとっつきにくい内容となっています。

これは仕方のない面もありますね。消費税法の受験者の場合は、簿記2級を取得して税理士試験の税法科目を初めて学習するという方が多いですから。

残念な部分

「みんなが欲しかった税理士消費税法の教科書&問題集」には、財務諸表論のテキストと比べて残念に思った箇所があります。

それは財務諸表論のテキストにあった学習ナビゲーションが消費税法のテキストにはついていないところです。

これが無いと私みたいな独学者は1日にどれくらい勉強を進めればいいのか分からくなってしまいます。

学習ナビゲーションはつけてほしかったなぁ。お気に入りだったのに・・・

財務諸表論版と同じ結論

「みんなが欲しかった税理士消費税法の教科書&問題集」は、できるだけ分かりやすく説明しようと努力していると感じますし、独学用テキストとしては高品質なものだと思います。

それでも税理士試験という難関な資格試験に挑むとなると、独学では厳しいと感じざるを得ません。

財務諸表論のテキストと同じく、初学者や実務未経験者にはあまり向かず、受講経験者や実務経験者が独学するのに向いているテキストだと思います。

これくらいのレベルの資格試験になると、どれだけ分かりやすく解説したって、分かりにくいんですから仕方ありません。

どうしても独学でしか無理、という方にはこのテキストをおすすめします。

講座を受講するのと比べると10分の1以下の費用で受験することができるので、試しにチャレンジしてみようという方には良いかも知れないですね。

私のような(笑)。

財務諸表論の独学用テキストについて書いた記事です。こちらの方が詳しく書いてあるので読んでみてください。

www.kabufxshikaku.com