株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的なブログです。主に投資関連やトレード成績、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

陸運業の丸運(9067)は大荷主の経営統合に注意

今回紹介する財務優良割安高配当銘柄は、創業120年を超える企業の「丸運」です。

前回に紹介したヤマトインターナショナルと同じくほとんど株価に変動のない銘柄ですが、配当目当てに保有するのはありだと思うので紹介してみます(私も長年保有していますし)。

丸運の概要

㈱丸運は陸運業を営んでおり、石油なんかを輸送するのが得意な企業です。

石油精製販売で国内首位で17年4月に東燃ゼネラル石油との経営統合が控えているJXホールディングスが大株主(約40%を保有)で、JXホールディングスとの安定した取引実績があります。

とは言っても、石油輸送ではあまり稼ぐことができなくなっていますし、さらには大荷主の経営統合による影響がどこまであるのかも分からないので注意が必要です。

会社もそのことは分かっており、石油以外の貨物輸送で稼ごうと必死になっています。

丸運の財務状況

創業120年と言っても、丸運はメジャーな企業ではありませんから、知らない方も多いと思います。

それでも120年以上、事業を継続してきたわけですから、長期で株を保有する場合に多少の安心感はあります。

もちろん、長年事業を継続してきたからといって絶対安心だなんて思っていません。

創業何年であろうが、財務が優良でないと安心して長期保有できませんからね。

その点、今回紹介する丸運は財務面から見ても安心感はあります。

それでは紹介していきますね。

丸運は、PBR0.4倍で配当も3%という割安で高配当な銘柄で、財務面でも有利子負債が51億円あるのに対して、利益剰余金が110億円近くあり優良です。

数年前に1億円ほどの赤字をだして経営が厳しくなったこともありますが、現在は安定した利益を計上しています。

赤字を出した年度は確か営業赤字だったので、さすがにヤバいかなとは思ったのですが、会社がなんとかこの窮地を脱しようと色々と手を打っているのが分かったので、売却せずに見守ることにしました。

株価も安くて私が購入したときは20,000円くらいで買えましたから、仮に倒産しても20,000円の損失(100株保有)になるだけで、それくらいなら許容範囲でしたし。

株価は今も安くて26,000円で買えますが・・・

株価の変動が小さい銘柄

丸運は以前紹介したヤマトインターナショナルと同じようにほとんど株価が変動しない銘柄です。

なので、私も5年以上放置したままですね。NISAへ移動させるための買い替えはしましたけど。

それくらい動かない銘柄のチャートを表示させても意味がないので、今回もチャートは表示させません。

毎年配当を淡々とちょうだいするだけの銘柄ですね。

同じ陸運業なら丸運よりも「中央倉庫」をおすすめしますが、中央倉庫は株価も上昇してしまいましたから、いったん下がってからでないと購入しにくいと思いますので、代わりにと言ってはなんですが丸運をおすすめしたいと思います。

丸運はこれから売上や利益がぐんぐんと成長することはまずないと思いますが、配当が3%で利益も計上しているので、それが維持される限りは保有していても邪魔ではないと思うのですが、どうでしょうか?

前回紹介した財務優良割安高配当銘柄です。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・