株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験と税理士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

【FXの月次成績】往復ビンタを繰り返し喰らうと痛みも感じない

4月の月次成績をブログで報告したときに、「心機一転始める」とか、「このマイルールを守る」とか書いてましたが、どうやら書いてみただけだったようです。

具体的なトレード内容は、2017年4月の月次成績を報告してから書こうと思います。

2017年4月の期間損益報告書

公開するのは気が重いですし、恥ずかしいのですが、2017年4月におけるFXの期間損益報告書を公開します。

2017年4月のFXにおける期間損益報告書

期間損益報告書をご覧の通り、4月のFXにおけるトレード成績は、49,391円(キャッシュバックの72円を含む)の損失となってしまいました。

4月末の受入証拠金残高は312,105円です。

いやぁ、大変な月になってしまいました。

タイトルにあるように往復ビンタを喰らいすぎて感覚がおかしくなっていたんでしょうね。

4月最後の週は、マイルール違反のオンパレードでした。

期間損益報告書を見てもらうと分かるように、ポジションを持ち越して(もちろんルール違反)しまっていますし、5月6日現在もドル円をロングで保有しています。

現在保有しているポジションはOCO注文を出しているので、それに引っかかったら終了です。

このポジションを利確できたら良いんですけど、損切りになったらさらに損失を計上します。

それにしても、4月のトレードを振り返って痛感したのは、「自分はスキャルピングに向いていない性格なんだなぁ」ということですね。

この性格を矯正しない限り、スキャルピングで利益をあげるのは難しそうです。

途中まではルールを守ってた

前回の月次成績の報告で、マイルールを守ると誓い、破ったらトレードを一年間休むと宣言したので、途中まではそのことが頭にあって、しっかりとマイルールを守っていたんですよ。

4月21日までに月次の利益も1万円(500pips)近くあったので、わざわざブログで誓った甲斐があったなぁ、なんて思っていたんですけどね。

それがフランス大統領選後の4月24日にとんでもないトレードをすることに。

本当に今思い出しても馬鹿だなぁ、と思ってしまいます。

トレード内容は後でお話しますが、まずは、前回の心機一転始めるとか言ってた恥ずかしい記事を読んでください。

www.kabufxshikaku.com

もみ合い相場で何度もトレード

これから私が4月24日にした馬鹿なトレードを書いていきますね。

4月24日月曜日は、フランス大統領選が終わって、窓を空けてドル円、ユーロ円は上昇していました。

はじめ私は、これだけ窓を空けたら様子見したほうがいいかな、なんて思っていたんですよ。

今日はノートレードで終わろう、なんて思っていたはずなのに、21時頃になったらいつものようにトレードを開始。

ドル円、ユーロ円ともに高値圏でのもみ合い相場となっていました。

「軽く5pipsくらい勝てば終わろうかな」なんて思っていたのですが、勝てずに連敗。

その時点で止めておけばよかったのですが、リベンジャーとなってしまいまして、「プラスで終わりたい」という気持ちに支配されてしまいました。

その後も、適当にエントリーして損切りに引っかかり、ポジションを倍にしてドテンして往復ビンタを喰らうということを午前3時頃まで繰り返してしまいました。

午前0時を過ぎたあたりからは、5万通貨での往復ビンタを繰り返し受けるトレード中毒のおっさんが・・・

それを午前3時まで繰り返すなんて、なかなかタフな奴だと胸を張ってしまいそうですが、5万通貨の往復ビンタを繰り返し受けて頬っぺたに感覚がなくなっていただけんですよ。

痛みなんかはまったくと言っていいほどなく、ボーっとした感じでトレードを繰り返していました。

もみ合い相場なんだから、ドテンしたら痛い目に遭うのはわかりきったことなのに、何も考えられなくなっていたんですね。

結局、マイルールを破りまくって、気がつけば5万円くらいの損失になっていました。

もれなくマイルールを破っていく感じのトレードになってしまって猛省しないといけませんね。

正直、損失額は取り返しのつかない額ではないので、そんなに気にしていないんですよ。

それよりも私の性格ですね。

こんなにも抑えがきかない性格だと知ってかなりショックを受けています。

株式投資の場合は、こんなことないんですけどね。

株式投資は、市場が閉まってしまえばトレードをしたくてもできないけど、FXは一日中トレードできてしまうのが原因かも知れないです。

「休むも相場」という格言が心に沁みます。

2018年4月までトレードを休止

こんな感じで、マイルールを1ヶ月も守ることができずに終わってしまいました。

なので、約束通りに1年間トレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレードなどの短期トレード)を休もうと思います。

まぁ、私がマイルールを守っているかどうかは私にしか分からないので、守っているふりをしてトレードを続けることもできるんですけどね。

でも、それをやってしまうと、何のためにブログで宣言したのかということになりますし、きっとそんな状態でトレードを続けても、損失は出せても利益は出せないと思うんで止めておきます。

私はかなりの面倒くさがり屋なのですが、なぜか意外と真面目なんですよ。

このマイルールをひと月も守れなかったという恥ずかしさに耐えながら、1年間短期トレードを休止することにします。

1年間スキャルピングをしてみた感想

1年間スキャルピングを試してみて感じたことは、「自分には超短期でのトレードは向いていないんじゃないか」ということです。

昨年にFXを再開する前は、スイングトレードから中長期が多く、それで結果を残せていたのでそちらの方が向いているのかも知れません。

スキャルピングならサクッと終われてトレードをする時間が少なくてすむかなぁ、なんて思ってたのは大きな間違いですね。

スイングトレードなんかはエントリーしてしまえば、やることがなくなってしまうから、逆にトレードをする時間は少なくてすみます。

それにスキャルピングはものすごく疲れますね。

この5万円の損失を計上した日の翌日は、トレードの疲れと寝不足が重なったこともあってフラフラのまま仕事しましたからね。

あとストレスのせいか吹き出物が出来てしまったりもしますし。まぁ、それは別に良いんですけどね。

結論はまだはっきりとは出せませんが、少なくともわずか数pipsを狙いにいくようなトレードは、私には向いていないと思います。

とにかく、来年の4月までスキャルピングなどは禁止にして、その間に色々と考えたいと思います。

もしかすると、昔のようにスワップポイントを目当ての長期投資をはじめるかも知れませんが、そうなった場合は、また報告します。

トレードの検証は続ける

トレードは来年の4月まで休むとしても、検証は続けていきたいと思います。

良い機会なので、自分に合ったトレードを見つけようと思います。

スキャルピング・デイトレード・スイングトレードと色々なトレード手法を試してみようと思います。

チャートを表示させて、試したいトレード手法でエントリーからエグジットまでしたつもりになって、ノートに記録していこうと思います。

まぁ、デモトレードみたいな感じですね。

そして、その検証結果をブログの記事として、たまに報告していきたいと思います。

結果を出せていないトレーダーの検証結果なんて読む価値もないとは思いますが、こういうことをブログに書くのは楽しみのひとつなので書きたいと思います。

実際にトレードをせずに、ブログを書くのは非常に虚しい気持ちになってしまいますが、トレードを夢中でしなくなった分、試験勉強に集中できると思うようします。

この記事がFXをされるすべての方の反面教師となれば幸いです。

それではまた・・・