株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

税理士試験の勉強も試験日まで最低1日1時間する

どうも、今週から行政書士試験の勉強を試験日まで最低でも1日1時間すると決めて、案外調子の良い「裏道」です。

試験日が近づくと試験に関する記事が多くなってしまいますが許してくださいね。

前回のブログ記事で「行政書士試験の勉強を試験日まで最低でも1日1時間する」と宣言したものの、自分にこなせるのかと正直心配だったのですが、何とかいけそうです。

なので、ここは調子にのって試験日が迫っている税理士試験財務諸表論の勉強も、試験日まで最低でも1日1時間してみようと思います。

税理士試験で「1日1時間の勉強」はナメている

税理士試験の勉強をされている方が「1日1時間の勉強」と聞くと、きっと「税理士試験なめんな」と言うと思います。

「ごめんなさい」としか言いようがないのですが、それくらいしか時間が確保できないんだから仕方ないです。

「いやいや、それなら税理士試験か行政書士試験どっちかにしろよ」と言われそうですけど、それもごめんなさいとしか言いようがありません。

正直、自分でもブログを書いていて不安になるんですよね。

試験に向けて全力で勉強している受験生の怒りを買ってしまわないかと。

同じ受験生がやる気をなくしてしまうようなブログは書きたくないんですけど、正直に現状を書くとどうも試験をナメているとしか思えない内容になってしまうのが辛いところです。

誤解されても仕方ありませんが、決して資格試験を舐めているわけではないので、そこのところお願いしますね。

まぁ、怒りは買ってもやる気は無くさないか。

税理士試験再挑戦なので勉強時間は少なくてすむけれど

初めて税理士試験の財務諸表論に挑戦する受験生なら、1日1時間の勉強ではおそらく合格できないと思います。

6月も終わりになってから1日1時間の勉強ですから尚更です。

ただ、私は15年ぶりの再挑戦とはいえ、一度しっかりと勉強しているので勉強時間は初学者の方よりも少なくて済みそうなんですよね。

とは言っても、今から1日1時間勉強したって焼け石に水なんですけどね(笑)。

半年くらい前から1日1時間勉強していたら、なんとか合格レベルまでもっていけたと思うんですけど、それができなかったのはやはり「お試し受験だから不合格でも構わない」という気持ちがあったんでしょうね。

税理士試験財務諸表論の合格に必要な勉強時間は初学者で500時間くらいと言われています。

それを考えると、私が今から1日1時間勉強したって合格の目はないと思います。

ただ、今回の勉強が来年につながるだろうと思って勉強しているんです。

受験に専念できる環境なら1日5時間くらいは勉強して今からでも税理士試験に間に合うと思うのですが、残念ながらそんな環境ではないですからね。

だからこそ日々の生活習慣が大切になってくると思うんです。

なので、何とか行政書士試験の勉強を1日1時間、税理士試験財務諸表論の勉強を1日1時間というのを習慣にしたいと思っています。

そして税理士試験が終わったら、行政書士試験の勉強を1日2時間にしてやろうと思っています。

こちらは過去の税理士試験財務諸表論に関する記事です。

5冊ある基本テキストのうち、まだ2冊しか終わっていないんですから、あきれるばかりです。

www.kabufxshikaku.com

www.kabufxshikaku.com

あとがき

今回は、ブログのネタと記事を書く時間がなくてなんか適当な記事になってしまい申し訳ありません。

今日から税理士試験の1日1時間勉強を開始しているので、ブログを更新した後に勉強しないといけないんですよ。

行政書士試験と合わせると1日2時間の勉強となりかなり厳しいのですが、これを当たり前だと感じるくらいまで継続できたらと思っています。