株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的な雑記ブログです。投資関連やトレード成績の記事、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

法人の名義貸しについてのちょっとだけ怖い話

今日は、税理士事務所に勤務していたときに聞いた、ちょっとだけ怖い話をしてみたいと思います。

たぶん15年くらい前に聞いた話だと思います。

なので、細かい部分は忘れてしまっていますが、強烈に記憶していて現在でも忘れていない部分があるので、その部分を話したいと思います。

あくまで聞いた話ですからね。私の話じゃないですよ(笑)。

何の話かというと、「法人の名義貸し」についての話です。

まぁ、よくある話です。

この話は、ただちょっと怖いだけで、法人の名義貸しでトラブルに巻き込まれている方に有益な情報を提供するものではありませんので予めご了承ください。

それと、今回の話は残念ながら、事の真相が分からないまま終わります。

なので、最後まで読んでもスッキリしないまま終わってしまうので気をつけてくださいね(笑)。

私も結末を知りたいのですが、知るすべはありませんのであきらめました。

それでは「法人の名義貸し」の説明をしてから、順を追って話していきますね。

あっ、それと私がこういうことに詳しいわけではありませんからね。

法人の名義貸しとは?

まず、「法人の名義貸し」と言われても意味がわからないという方のために、軽く説明をしますね。

名義貸しと言っても、色々と種類があるのですが、今回は、私が聞いた話に出てくるパターンの名義貸しだけを説明します。

今回の名義貸しは、色々な理由で自分の名前(名義)を使って会社を設立できないAさんが、Bさんにお金を渡すかわりにBさんの名前(名義)で会社を設立(代表取締役もBさん)し、経営自体はAさんがする、というものです。

これは大変に危険な行為なので、誰かから名義を貸してほしいと言われても絶対に断るようにしてくださいね。

たとえそれが親兄弟であろうとも。

なかには、生活に困って生きていくために仕方なく、お金と引き換えに名義を貸してしまった、という悲しい話もあります。

それでもダメですけどね。

個人的に信じられないことなのですが、名義を貸しているBさんは、会社が何をやっているのかも知らなかったりします。

なので、会社が上手く行かなくなった場合、ある日突然、会社の借金を背負わされるなんてことがあったりします。

なので、名義は貸さないように気をつけましょう。

それでは、私が聞いた話を書いていきますね。

顧問先の社長がどうもおかしい

私がいきつけのスナック(20代前半でいきつけとかちょっとおかしい)のカウンターで飲んでいたときに、ちょうど隣に座った見慣れない40代の紳士が、開業したての税理士だったんです。

私が税理士事務所に勤務していることを知ると、色々とアドバイスをしてくれる親切な方でした。

その開業したての税理士(仮に鈴木さんとしておきます)が、どうも最近ものすごく悩んでいることがあるというんです。

はじめのうちは、詳しい内容をあまり話したがらないので、マスターや私は無理に聞こうとはしませんでしたが、お酒がまわってくると自然とその話に。

その悩み事とは、「顧問契約を結んだ会社の社長がどうもおかしい」ということでした。

私は心の中で「なんだ、そんな話か」と思ったんですよ。

こんなことをいうとあれですけど、変わり者の社長って多いですから、珍しくも何ともないんです。

でも、鈴木さんの話を聞いているうちに、ちょっとだけ怖くなってきたんですよ。

40代の真面目そうな紳士である鈴木さんが語った話の内容は、こんな感じでした。

名前を読んでも反応がない

はじめのうちは、鈴木さんも喜んでいたんだそうです。

何せ顧問料が月10万円で決算料などと合わせると年間180万円の顧問契約を結ぶことができたんですから(夜のお仕事関係の会社だから割高になっていたのかも)。

顧問料も毎月しっかりと支払ってくれるし、開業したての鈴木さんからしたら最高です。

しかも、その社長(仮に佐藤さんとしておきます)は気さくな人で、すごく付き合いやすい社長だと感じたそうです。

でも、その佐藤さん、名前を読んでも反応しないことがたまにあるらいしんです。

鈴木さんが最初におかしいと思ったのは、佐藤さんが女性と一緒に歩いているのを、町で偶然見かけたときです。

お世話になっている顧問先の社長ですから、鈴木さんは挨拶でもと、少し離れた場所から声をかけたんです。

でも、佐藤さんに何の反応もありません。

鈴木さんは、聞こえなかったのかと、もう一度大きめの声で名前を呼んだのですが、やはりまったく反応はなかったそうです。

鈴木さんは、追いかけて挨拶しようかと思ったのですが、もしかすると、佐藤社長にとってまずいタイミングだったのかも知れないと思い、追いかけるのをやめたんだそうです。

一緒に歩いている女性が紹介しづらい方だと思ったんでしょうね。

そんなことがあった後も、たびたび、鈴木さんが名前を呼んでも佐藤さんが反応しないことがあったそうです。

「社長」と呼ぶと必ず振り向くけれど、「佐藤さん」と呼ぶと振り向かないことがたまにあるんだとか。

何度か名前を呼ぶと、「あぁ、俺か・・・」とか言う始末。

そこまでくると、さすがに40代紳士の鈴木税理士も気づきます。

「この人、佐藤さん本人じゃないな」と。

自分の名刺を確認しながらサイン

そして、決定的にヤバイと思ったのが、法人の決算で申告書にサインをするときだったそうです。

申告書にサインするとき、佐藤さんは悪びれる様子もなく、自分の名刺を取り出し、名刺に書かれている自分の名前を確認しながらサインしたそうなんです。

普通ありますか?

自分の名前を確認しないと書けないことなんて(佐藤さんが打ち合わせなどで文字を書いているのは確認済みです)。

あの、いちおう言っておきますけど、使っているビジネスネームの漢字をど忘れしたとかではありませんからね(結婚などで名字が変わったばかりとかでもありません)。

会社を設立する際は、ビジネスネームではなく本名で登記しないといけません。

そして会社の登記簿には、代表取締役として間違いなく佐藤さんの名前が記載されていたということです。

鈴木税理士は、堂々と名刺を見ながら申告書にサインをする目の前の男を見ながら、「これはまずい事になった」と思ったそうです。

そう、これは「法人の名義貸し」です。

しかも、おそらくけっこう悪質な。

目の前の男は、本物の佐藤さんに名義を貸してもらい、しかも佐藤さんのふりをして経営しているんです。

そのことに気づいた鈴木さんは、すぐに顧問契約を解除しようと思ったそうです。

ただ、契約を解除するにしても恨まれないようにしないといけません。

その会社が警察沙汰になった場合、何かの拍子で自分も巻き込まれて税理士資格をはく奪されてしまっては元も子もありませんから。

それに、駆け出しの税理士にとって年間180万円の売上を失ってしまうのは痛すぎます。

それで鈴木さんは、ここ最近、ものすごく悩んでいたんだそうです。

40代紳士の鈴木税理士には、それ以来会っていないので、その後どうなったのかは分かりません。

この話を聞いて不思議に思った事

この話はここで終わりなんです。申し訳ないです。

でも、この話を聞いて当時は不思議に思ったことがあったんですよね。

「なんで偽物の佐藤さんは、鈴木さんにバレないように気をつけなかったのか」ということです。

少しはバレないように名前くらい覚えておけばいいのに、と思いませんか?

ここがすごい今でも気になるんですよ。

バレたって構わない理由があったと思うんですよ。

鈴木さんを仲間にでも引き入れたかったんですかね?

うーん、気になる。

他にも不思議に思ったことがあるんです。

税務調査が入ったりしたときはどうするつもりだったのか(赤字会社だから税務調査が入らないと高を括っていたのかも)?

そもそも、そんな奴がなんで税理士に仕事を依頼しようと思ったのか?

とかですかね。

会社を数年ごとに設立しては潰してを繰り返して、その都度名義人を変えたりしていたのかも気になります。

偽物の佐藤さんは誰かの身代わりだった可能性もありますし。

本物の佐藤さんのことも気になります。

40代紳士鈴木税理士がホラ話をして若者をからかった可能性だってありますし。

でも、あの鈴木税理士の様子を見ていたら、嘘だとは思えないんですよね。

あとがき

今日は、法人の名義貸しについて、ちょっとだけ怖い話を書いてみました。

その後の顛末を書くことができなくて、本当に申し訳ないです。

記事も長くなったので、このへんで終わりたいと思います。

とにかく、いくらおいしい話だったとしても、名義は貸さないようにしましょうね。

後、名前を呼んでも反応が鈍い人には注意をしましょう(笑)。

次回のブログ更新は、2017年8月20日の20時30分を予定しています。