株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的なブログです。主に投資関連やトレード成績、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

ドル円の週間為替相場チャート分析予想2017/11/20~24

忘れている方も多いとは思いますが、以前にお知らせしたとおり、ドル円の週間為替相場予想記事を書いていきたいと思います。

現在のところ、毎週日曜日19時に更新していく予定なので、興味のある方は読んでみてください。

ただ、趣味でFXをしている私がチャートを見て、ささっと分析したものですから、決して参考にしないようにお願いします(笑)。

それでは、ドル円の為替相場をチャート分析でもって予想していきたいと思います。

あと、今週の為替相場に関するスケジュールで気になるものも書きます。

今週のドル円週間為替相場予想

これからドル円の週間為替相場をチャートで分析して予想していきますが、週足・日足・4時間足それぞれのチャートで分析した場合をまずは書いていきます。

そして、最後に3つの足でしたチャート分析を参考にして、最終的な予想を書いてみようと思います。

ドル円を週足チャートで予想

それではドル円の週足チャートを表示させて予想していきたいと思います。

移動平均線・一目均衡表・パラボリックを表示させたドル円の週足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

週足チャートを見てもらうと、2017年は2本の白い水平線の間で推移するレンジ相場になっているのが分かると思います。

だいたい108~115円の間を行ったり来たりしていますね。

現在は115円から110円割れに向かって下落している途中という感じですかね。

ドル円が115円付近まで上昇したときに勇気を出してショートしていたら、4回ほど大きく儲けるチャンスがあったのですが、それは結果を知っているから言える話なので置いておいて、未来のことを書きたいと思います。

週足チャート見ると、109~112円に一目均衡表の分厚い雲がありますが、分厚すぎるので週間予想としてはあまり役に立ちそうにありませんね。

だって、「109~112円の間で推移しそう」とか言われても、幅が広すぎて困ってしまいますから。

レートは、10・20・80EMA(順に赤色・黄色・青色の移動平均線)と一目均衡表の雲の上限に支持される感じで終わっているので、少しは下落スピードは落ちそうな気がします。

支持されるとするなら、10・20EMAと一目均衡表の雲の上限がある112円前後か、そこで止まらなければ、80EMA(青色)がある111円付近ですかね。

週足チャートを見る限り、移動平均線や分厚い雲の上限に支持される場面もあるかも知れませんが、ここからいきなり勢いよく反発するとは考えにくいです。

ドル円を日足チャートで予想

次にドル円の日足チャートを表示させて予想していきたいと思います。

移動平均線・一目均衡表・パラボリックを表示させたドル円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

日足チャートをみると、だいたい110.50~112円前半に一目均衡表の雲があります。

日足チャートでは、すでに10・20EMA(赤色・黄色の移動平均線)は突破されてしまい、80EMAで辛うじて支持している状態です。

ここで80EMAに支持されて反発したとしても、10・20EMA付近の113円手前までだろうと思っています。

それよりも200・320EMA(黄緑色・水色の移動平均線)と一目均衡表の雲の上限が重なる111.50円あたりまで下落する可能性の方が高いと予想します。

日足チャートでも、上昇よりも下落の可能性の方が高いと感じました。

金曜日のローソク足が大陰線になっているので、月曜にその勢いのまま、前の週の安値を更新するかも知れませんが、その後は111円台で下げ止まってくれるか、軽く反発するかするのではないかという感じです。

ドル円を4時間足チャートで予想

最後に、ドル円の4時間足チャートを表示させて予想していきます。

移動平均線・一目均衡表・パラボリックを表示させたドル円の4時間足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

4時間足チャートをみてもらうと分かるとおり、支持になりそうな移動平均線や一目均衡表の雲がありません。

怖いですね。

ただ、ここまで下がると逆に少しは反発するのではないか、なんて思ってしまいます。

ただ、レートが戻るとしても、10・20・320EMA(赤色・黄色・水色の移動平均線)あたりの112.50円までだと予想します。

4時間足チャートでも、上昇するとは考えにくいです。

最終的なドル円予想

3つのチャートを分析してみて、やはり今週は下落する可能性が高いだろうと感じました。

月曜の午前中にガクッと下げて、その後は下げ止まるか軽く反発するだろうと思っています。

今週のドル円は、週足チャート・日足チャートでの支持線や一目均衡表の雲の上限が集中する、111~111.50円あたりで下げ止まるだろうと予想します。

途中反発するとしても、日足チャートや4時間足チャートの複数の抵抗線が集中する、112.50~113円あたりですかね。

最終的な予想としては、上値の限度は112.50~113円、下値の限度は111~111.50円と予想します。

今週の為替相場に関するスケジュール

今週の為替相場に関するスケジュールで気になるものを軽く書いておきますね。

11月23日木曜日は、日本は勤労感謝の日で休みですし、アメリカでも感謝祭で全市場が休場になるので、為替相場は開店休業状態になると思うので気をつけたいですね。

私ならトレードはせずに他の用事を済ませますね。

木曜日は日本とアメリカの両方が休みですから、それまでにポジション調整をしておきたいとの思惑から、週の前半に為替相場が大きく変動する可能性も考えておきたいところです。

それに、相場が開店休業状態であることを利用して、ひと儲けしようと企んでいる輩がいるかも知れません。

なんか怖いですね。

普段なら、アメリカの中古住宅販売件数やFOMCの議事録公表が気になるところですが、今週は祝日前のポジション調整などの方が気になりました。

あとがき

とりあえず、今週のドル円の予想をしましたが、自信なんてものはありませんし、予想記事を書いていてなんだか疲れました。

以前に予想していたときは、とくに疲れなんてなくて、ささっと記事を書けていたのですが、今回は時間がかかってしまいました。

いちおう、毎週日曜日に記事を書いていく予定ですが、ブログを更新しなかった週は、「あぁ、疲れたんだな」と思って、そっとしておいてください(笑)。

こちらは、週間為替相場予想をメインブログでするようにしたことを書いた記事です。

www.kabufxshikaku.com