株とFX、そして資格。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、資格試験についての備忘録的なブログです。主に投資関連やトレード成績、そして資格試験(現在は行政書士試験に独学で挑戦中。)についての勉強方法や経過・結果報告などを書きます。

【FXの月次成績】トルコリラ円の上昇には米国との関係改善と利上げが必要?

11月にトルコリラ円が予想どおり史上最安値を更新してしまい、トルコリラ円を保有している私は、現在も含み損を抱えていますが、あまり気にしないようにしています。

気にしていてもトルコリラ円が上昇するわけではないですから。

それでは、11月のFXの月次成績を報告していきたいと思います。

11月の期間損益報告書を公開してから、トルコリラ円に関して気になることを少しだけ書いてみますね。

2017年11月の期間損益報告書を公開

まずは、2017年11月の期間損益報告書を公開します。

2017年11月末の期間損益報告書

(期間損益報告書参照元:マネーパートナーズ)

11月も変わらずトルコリラ円を10,000通貨保有しているだけです。

その結果、11月の運用成績は9,668円の損失(キャッシュバックの6円を含む)となりました。

そして、11月末の口座残高は306,265円(評価益とスワップポイント、キャッシュバックを含めた金額なので、期間損益報告書の受入証拠金残高と金額が違います。)です。

11月のトルコリラ円のスワップポイントは2,906円でした。

トルコリラ円が史上最安値を更新した割には損失が少ないなぁ、というのが印象ですね。

まぁ、10,000通貨だけの保有なので、この程度で済んでいるんですけど。

トルコリラ円はひと月で120pips以上下落していますね。

前の月と合わせると300pipsほど下落しています。

ドル円のように100円台の通貨で300pipsの下落は普通ですが、トルコリラ円は28~32円台ですからね。

それで300pipsの下落はキツイですよ。

トルコリラ円が下げ止まるのか、このまま下落を続けるのかは分かりませんが、どちらに転んでも大丈夫なように覚悟と準備だけはしておこうと思います。

こちらは、10月の期間損益報告書の月次成績を報告した記事です。トルコリラ円が安値を更新しそうだと嘆いている記事です。

www.kabufxshikaku.com

トルコリラ円は何とか踏ん張っている状態

それでは、気になるトルコリラ円の日足チャートを表示させて、現在の状況をしっかりと受け止めようと思います。

歴史的安値を更新した後のトルコリラ円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

トルコリラ円の日足チャートに一目均衡表を表示させてみました。

うーん、なかなか渋い状況ですね。

28円付近の攻防で1週間ほど踏ん張って、27円台への突入を何とか阻止した感じでしょうか。

転換線・基準線・遅行線(赤・青・黄緑の線)すべてが好転(買いに転換)するには、もう少し時間がかかりそうです(好転するならですけど)。

レートや転換線が基準線にぶつかったときに、完璧に上抜けするか、跳ね返されて戻り売りの絶好のポイントとなるか、注目したいですね。

現状は、ちょっと跳ね返されている感じですね。

次の攻防は基準線付近の29円前後になりそうです。

トルコリラ円は29円を突破して、2017年10月9日の安値の29.30円を超えて、しばらく落ちてこなかったら、少しは安心できるかも。

基準線を上抜けして29.30円も超えたとしても、その上には分厚い雲があるので32円台は、まだまだ先になるような気がします。

まぁ、新興国通貨ですから、それほどチャートは重要ではないので気にしないようにします。

チャートよりも重要で、トルコリラ円の行方を左右しそうなのは、アメリカとトルコの関係ですね。

なんとか関係を改善してくれるとありがたいのですが。

あとは、トルコ中央銀行がエルドアン大統領の圧力に負けず、中央銀行の独立性を保つことができるかどうか、ですかね。

これらが上手い具合に運べば、多少はトルコリラ円も上昇すると思うのですが。

まぁ、私はスワップポイントをもらいながら、気長に好転することを待っていようと思います。

12月14日20時の政策金利発表が楽しみですね。

こちらは、トルコリラ円が歴史的安値を更新したことで含み損を抱えてしまったことを書いた記事です。

www.kabufxshikaku.com

あとがき

ここ最近ですかね、私が使用しているFX会社でメキシコペソ円が取引できるようになったんですよ。

それで、メキシコペソ円のチャートをチラチラと見ていたら、いい感じのチャートになっているので、ちょっと興味が湧いてきてしまったんです。

ですが、新興国通貨ばかり保有していたら、いざという時にえらい目に遭うと思うので止めておきました。

高スワップのトルコリラ円・南アフリカランド円・メキシコペソ円あたりばかりを保有して、月に10万円以上のスワップポイントをもらっているスワップ派の方もいるらしいですが・・・