株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは日経平均株価やドル円の予想をしたり、トレード成績や資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告などを書いています。

今週のドル円は戻り売りで正解だったけれど

ドル円が今週も安値を更新してしまい、どこまで下落するか不安ですが、いつも通り検証記事を書こうと思います。

なんかアメリカが仕掛けた貿易戦争だとか物騒な状況になっていますが、この状況が今後も拡大していくとするとドル円にも影響があるでしょうから心配ですね。

まぁ心配していても仕方がないので、今週(2018年2月26日~3月2日)のドル円予想の結果を検証していきますね。

年初から20EMAに上値を抑えられている

まずは、ドル円の日足チャートを表示させて検証というか、予想との答え合わせをしてみたいと思います。

ドル円の日足チャート(2018年3月2日時点)

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

それと、先週のドル円予想記事を貼っておきます。

www.kabufxshikaku.com

予想記事では「今週のドル円相場は、日足チャートの形状に注目し、下落かレンジになる。」と予想しています。

結果はレンジ気味の下落だったので、予想は当たったかなと思います。

チャート的に戻り売りのポイントだったので、チャートの読み方が正しかったと言いたいのですが、今週は色々と重要なイベントがありましたから、予想が当たったのは偶然だと思います。

それにしても、ずっと10・20EMA(赤色・黄色の移動平均線)に上値を抑えられて上昇できていないんですねぇ。

ドル円の上値の限度に関しては、「先週の高値付近の108円前後」と予想しており、結果は107.68円まで上昇してから反落したので、ギリギリ当たったということにしておきます。

ドル円の下値の限度に関しては、「正直分かりません(笑)。直近の安値105.50円を更新すると104円台も今週中にあるとは思っています。」と書いてあり、結果は105.25円まで下落したので、104円台はありませんでしたが、下値についても予想は当たったと言っていいと思います。

適当に予想した割には当たっていたので、なんだか変な感じですが外れるよりは良いかなという感じです。

今週の為替相場は、重要なイベントや思いもよらない発言があってテクニカルが機能しづらい相場だったので、予想は当たりましたが、チャートの読みで当てたとは思っていません。

来週のドル円予想を少しだけ

今週に続いて、来週もアメリカの雇用統計発表という重要なイベントがあるので、これまたテクニカルが機能しづらい週なので、日曜日に更新予定のドル円予想記事はお休みしようと思っています。

来週は、雇用統計の他にもISM非製造業景気指数やECBの政策金利の発表、日銀総裁の会見もあることですし。

なので、ここでテクニカル的な根拠とかまったく書かずに簡単な予想だけを書いておきますね。雇用統計発表前までの適当な予想です。

週の前半のドル円相場は軟調だが、後半は雇用統計が近づくにつれて底堅く推移すると予想します。

ここ最近の雇用統計の週は、そんな感じが多かったような気がするからです(笑)。

ドル円の流れは変わってしまいましたから、雇用統計までの流れも以前とは違ったものになるかも知れないですけどね。

3月の第3週からまたドル円予想をしていこうと思います。

あとがき

今週のドル円予想は適当に予想したので、検証も適当になってしまいました(ちなみに、この記事は20分くらいで書きました。)。

まぁ、趣味でドル円予想をしているので、忙しい時期や相場が荒れそうなときは、こんな日があっても良いかと思っています。

これからも無理せずマイペースでブログを書いていくようにします。

【スポンサーリンク】