株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは日経平均株価やドル円の予想をしたり、トレード成績や資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告などを書いています。

【ドル円予想結果検証】FOMC終了までもみ合いが続いた後に105円割れ

ついに、ドル円が105円を割りこんで、もう一段下での展開になりそうですね。

ドル円の行方を今後も注目し続けたいと思います。

それでは、いつものように今週(2018年3月19日~3月23日)のドル円予想の結果を検証していきますね。

ドル円予想との答え合わせ

まずは、ドル円の日足チャートを表示させて検証していきますね。

下降トレンド継続中のドル円の日足チャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

こちらは先週のドル円予想記事です。

www.kabufxshikaku.com

ドル円の予想記事では、FOMCが終了するまでの予想として「今週のドル円相場は、トリプルボトム形成の可能性はあるが、基本的にはもみ合いになる可能性が一番高いと予想します。」と書いてあります。

今週のドル円相場を振り返ってみると、予想通りFOMCが終了するまでは「もみ合い」になっているので、予想は当たったとしたいです。

ただ、FOMCが終了するまではもみ合いが続くのではないかという予想は、ほとんどの方が予想できたことだと思うので、検証する必要もないかと思います(笑)。

当たって当然ですね。

他にも「ドル円が動き出すのはFOMC終了後か来週になるのではないかと勝手に予想しています。」とドル円予想記事に書いてあります。

ドル円の日足チャートを見てもらうと分かるとおり、FOMC終了後に円高へと振れているので当たっているのですが、これもほとんどの方が予想できたことなので、検証もクソもないですね。

ドル円の上値の限度予想は「ドル円の上値の限度は、107.50円前後と予想します。」と書いてありますが、実際は106.64円までしか上昇しませんでした。

限度は超えていないのですが、もう少し限度付近まで上昇したら、予想が当たったと胸を張れるのですが。

ドル円の下値の限度予想は「ドル円の下値の限度は、ここ1ヶ月の安値付近の105円前後と予想します。」と書いてありますが、実際は104.63円まで下落しました。

ただ、安値をつけたのはFOMC終了後なので、FOMC終了前に限度を超えていないので、まぁいいかなと思っています。

こんな感じですかね。

テクニカル的な検証はまったくしていませんが許してください。

あとがき

今日は、本当に時間がなくてかなり適当な検証になってしまいました(ちなみに、この記事は20分で書きました)。

こんな検証ならしない方が良いかとも思いましたが、ブログの更新も1週間サボっていたので、検証記事を書くことにしました。

記事の読み直しなどもしていないので、誤字脱字等があるかと思いますが許してくださいね。

ドル円が安値を更新したことで面白い展開になりそうなのですが、明日のドル円予想記事はお休みします。

展開としてはすごく面白いのですが、テクニカル的にはどちらにいくか私にはまったく予想できないので静観することにします。

実際のトレードでも、まったく予想がつかないときは静観できるようになれば良いんですけどね。

【スポンサーリンク】