株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは日経平均株価やドル円の予想をしたり、トレード成績や資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告などを書いています。

NYダウ平均株価が安値付近まで下落しているので注意が必要〔株の月次報告〕

日経平均株価が私の予想に反し底堅く推移しているので少し残念に感じつつも、保有銘柄が上昇しているので嬉しくもある今日この頃です。

それでは、いつものように4月末の株のポートフォリオを公開して月次報告をした後に、5月2日時点での相場の状況や保有銘柄について書いていこうと思います。

2018年4月末時点のポートフォリオを公開

それでは、2018年4月末時点のポートフォリオを公開します。

2018年4月末時点の株のポートフォリオ

(ポートフォリオ参照元:SBI証券)

4月は日経平均株価が上昇したこともあり、日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信を5口ナンピンしました。

その結果、保有数は65口となりました。50~100口の保有が当初の予定だったので、このまま下がるようならさらにナンピンします。

それ以外でのポートフォリオの変動はありません。

それでは、2018年4月の運用成績を報告します。

4月の株式投資の運用成績は21,347円の利益でした。

その結果、2018年4月末時点の口座残高は、株式評価額669,380円と買付余力71,072円とを合わせて740,452円(前月に250,000円をFXの口座に移動させたので、今月からは750,000円が元本です。)となりました。

今月は日経平均株価が調子良かったこともあって、なんとか利益を計上してくれました。

このまま、少しずつでも利益が増えてくれると嬉しいです。

こちらは前月の株の月次報告記事です。

www.kabufxshikaku.com

日経平均株価よりもNYダウ平均株価が心配

まずは、価格帯別出来高等を表示させた日経平均株価のチャート(1年日足・2018年5月2日時点)を表示させます。

価格帯別出来高を表示させた日経平均株価のチャート(2018年5月2日時点)

(チャート参照元:SBI証券)

いやぁ、まさか日経平均株価が20,300円台からここまで反発するとは思いませんでした。

前月の記事では22,000円までは上昇しない的な予想を書いていたんですが、22,000円を超えてきましたね。

どこまで上昇するのかなぁ。

価格帯別出来高をみると、22,500~23,000円までは多少抵抗が強くなりそうなんですけど、それでもじわじわと上昇していますし、ほんとどこまで上昇するんですかねぇ(笑)。

日経平均株価の今後を予想したかったのですが、もう私には分かりませんね(笑)。

ただ、注意しておきたいのは、NYダウ平均株価が安値を更新しそうなところまで下落してきているということですかね。これは頭に入れておきたいと思っています。

NYダウ平均株価が23,000ドル台前半になって、さらに安値を更新したら、日経平均株価も連れ安する可能性が大ですから。

5月で気をつけるところは、それくらいですかね。

日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信をまさかのナンピン

次に、私が保有している日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信のチャート(1年日足・2018年5月2日時点)に価格帯別出来高等を表示させて軽く分析してみます。

価格帯別出来高を表示させた日経平均ダブルインバースのチャート(2018年5月2日時点)

(チャート参照元:SBI証券)

チャートを見ると、1,300円台の価格帯が支持帯として機能していたのが、4月に入って突破されズルズル下落しているのが分かると思います。

日経平均株価の予想を外していますから、当然のように日経平均ダブルインバースも予想を外しましたね。

おかげで、4月は5口だけ指値注文が約定してナンピンすることになってしまいました。

ひと月前までは、「もうナンピンすることはないだろうなぁ」と思っていたんですけどね(笑)。

チャートを見ていると、さらなるナンピンが必要になりそうで嫌ですねぇ。

いちおう、保有数が100口になるまでは機械的にナンピンしていきますが、それでも下落が続くようなら損切りすることにします。

上昇するにしても、1,300円台の価格帯が今度は抵抗帯として機能するはずですし、よほど勢いよく上昇しないと、利確するまでに時間がかかりそうですね。

200MAにぶつかったときに、素直に売却していたら良かったなぁ、といまだに悔やんでいます。

あとがき

今月の株の月次報告を、さらっとしてみました。

最近は、FX関連の本ばかり読んでしまい、株の本は読んでいないので、たまには株関連の本を読んでみようと考えています。

以前は定期購読していた雑誌があったんですけど、休刊になってしまったんですよねぇ。

【スポンサーリンク】