株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

ソフト99コーポレーションはキャッシュリッチで長期保有向き

今回の長期保有に向いている財務優良割安高配当銘柄は、ソフト99コーポレーション(4464)という企業です。

車を所有されている方には、「ソフト99」というブランド名のカー用品でけっこう知られているのではないでしょうか。それを販売しているのが今回紹介する企業です。

※2018年2月20日に記事を修正しました。

販売している商品

車関連の商品が主ですが、台所などの油汚れの掃除に使うクリーニングシート等も販売しているので、もしかしたら主婦の方も気づかないうちにソフト99コーポレーションの商品を使っているかもしれません。

他にもメガネのクリーナーや車関連の雑貨なんかも販売していますが、やはりメインになるのはカーワックスや補修剤等のカー用品になると思います。

正直、私は車には興味がないので、年に1度送られてくる優待商品の「フクピカ」という商品しか使ったことがないので、全体としての商品の品質が良いのかは分かりません。

ただ、「フクピカ」という商品は文字通り、車を拭くだけでピカピカになるので便利です。

「フクピカ」しか使ったことがなく、商品の良さを伝えるには充分ではありませんが、この企業が財務優良割安高配当銘柄であることは充分に伝えることができると思うので伝えていきますね。

何故か割安のまま放置されている

2016年11月現在のソフト99コーポレーションはPBR0.4倍以下で、配当も2.5%以上あり、利益剰余金は375億円で有利子負債(借金)は2億円以下となっており、個人的にはすぐにでも飛びつきたい銘柄です。

ソフト99コーポレーションは、キャッシュリッチな企業ですから、ちょっとやそっとじゃ倒産しないので、長期で保有するには良いと思いますよ。

ただ、問題なのは人気がないせいか出来高が少なく値動きも激しくないので短期の方には敬遠されやすいという所。

私も保有して3年以上は経ちますが、ほとんど値動きのないまま、若干の含み益がある程度となっています。

それでもその間に、配当はしっかりともらえましたし、優待商品で車をピカピカにできたので良しとしています。

毎年利益もしっかり出しているのになんで放置されているのか本当に分かりません。何か私が知らない事情がこの企業にはあるのかな、なんて考えたりもしますが、損失を被っているわけでもないのでそのまま保有を続けています。

やはり株っていうのは人気がないと優良企業でも上昇はしませんね。私が好む銘柄は全部地味な銘柄なので仕方がないです。

価格帯別出来高的には安心感がある

チャートは、ソフト99コーポレーション(4464)の5年(週足)の価格帯別出来高を表示したものです。

ソフト99コーポレーションの週足チャートに価格帯別出来高を表示

(チャート参照元:SBI証券)

赤枠の中を見てもらいたいのですが、見事に650~700円の価格帯が壁となって反発しているのが分かると思います。このチャートを見てしまうとすごく安心してしまって困ります。

というのも、チャート的には安心感がありますが、この相場はアメリカの大統領選挙の影響を受けているからです。いくらチャート的に安心感があってもアメリカ次第でどうにでもなるということです。

なので、この先1、2年は何があってもおかしくないと肝に銘じて投資活動をしていきたいと思います。

まぁ、チャート的には綺麗に上昇しそうな感じなので、それほど心配していませんが。

仮に下落したとしても、割安株をさらに安く買えると考えて買い増ししようと思っています。

こちらは、ソフト99コーポレーションと同じく財務が優良で割安高配当な銘柄の三精テクノロジーズを紹介した記事です。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・