株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

スキャルピングでポジションを増やした途端に負けだして辛い

辛いです。辛いというか悔しいです。なんでこんな時にブログを書いているんだろうと思いながら書いています。

行政書士試験が終わる前までは、試験に支障をきたすのはまずいと思い、少ないポジションでFXのトレードを楽しんでいたのですが、行政書士試験が終わったのでポジションを10,000~50,000通貨に増やしてトレードを始めたら、全然楽しくなくなりました。

※2018年3月5日に記事を修正しました。

ポジションを増やしたら負けだした

普段は温厚な方だと思うのですが、50,000通貨で取引していて損切に引っかかった時なんか、激昂してしまってですね、ちょっとお腹が痛くなりましたよ。胃が痛んでいるのかも知れません(笑)。

FXではスキャルピングをしているので、損切りに引っかかることも多くストレスが溜まります。

ポジションを増やしたことで、損切りに引っかかったときの悔しさが増して尚更にストレスが溜まります。

ポジションを増やしたことで、以前よりも損切りに引っかかる事が多くなったんですよねぇ。

なんでポジションを増やしたら損切りに引っかかることが多くなったのか疑問に思われた方もいると思うので白状しますと、ポジションを増やした分、利益も損失も大きくなるのは当たり前なのですが、その損失額に耐えられなかったんですよね。

それで、損切りの幅を以前よりも狭くしてトレードしいてたので、その分損切りに引っかかることが多くなったというアホな理由です。

今回の失敗は利益も損失も金額に注目しすぎたことだと思います。金額に注目しすぎるあまり、金額に振り回される感じになりまして、心の中で「一日分のお給料が5分でパーやん」みたいなことを思いながらトレードしてますと、もうストレスが半端なく溜まります。

思えば、株ではこんなことはないんです。おそらく株の取引きをする際は、金額ではなく、いつも割合で考えているからだと思います。何%値上がりしたら利確、値下がりしたら損切りという風に。

FXでもこの考え方に慣れておくべきでした。そうしたら、金額に振り回されることもなく冷静にトレードできたと思うのですが、今更気づいてもね、という感じです。

ポジションを減らしてトレードすることにする

ポジションを増やしてトレードを始めたばかりですが、ここは一度、ポジションを減らして、ちびちびと少額でもって、pipsを意識したトレードをしていこうと思います。

そしてポジションの量も一気に増やすのではなく、少しずつ、できれば1,000通貨ずつくらい増やしていこうと思います。

来年は、この作業を一年かけてやっていくつもりです。そして、2017年の年末には30,000通貨くらいでトレードするようになっていたいです。

今年はもう1,000通貨でやりますよ。情けないですけど。

金額よりpips!

過去の関連記事です。

www.kabufxshikaku.com