株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

『Let Her Go』を聴いてたらサックスを吹きたくなった。

※2018年4月18日に記事を修正・追記しました。

いやぁ、お正月でのんびりと過ごしていたからか、普段はまったく見ないような動画をユーチューブで検索してまして、その動画の中のひとつに、一人の男性が路上でサックスを吹いている動画があったんですよ。

それを見ていたらですね、何故か知らないけれど不覚にも涙が出るくらい感動してしまいまして、まだ自分にも音楽でこんなに感動するくらいの感受性があったのかと驚きましたよ。心が弱っているだけかも知れないですけど(笑)。

私が見た動画は、Justin Wardという方がテナーサックスでPassengerの『Let Her Go』をカバーしているのなんですけど、それが素晴らしく良い音色なんですよね。

音楽の知識はほぼないので、この方のテナーサックスの腕前がどれほどのものなのかはまったくもって分かりませんが、とにかく気に入りました。

感動のあまり、テナーサックスを買ってしまいたい衝動に駆られているのですが、現在はなんとか我慢しています。

これがなかなかに抑えがたい衝動でして、あきらめるための理由を色々と考えて、「テナーサックスを買いたい」という衝動を抑えこんでいるところです。

テナーサックスを家で吹くとなると、音がうるさいので近所迷惑になるとか、外で吹くにしても河川敷なんかは近くにないとか、日本製のは安くても20万円くらいするみたいだとか、そもそも吹けるのか、とかを考えてなんとかあきらめる方向にもっていこうと努力しています。

でも、この動画を見ていると自分も吹いてみたいと思ってしまうんですよね。今までこんな気持ちになったことは一度もないので、余程のことだと思うんですけどね。

高校生の頃は、何度かバンドに誘われたりもしたのですが、お金がもらえるわけでもないのに何で音楽なんかやらなあかんねん、という感じで断っていたんですけどね。今になってやりたくなるという。

でも、もしテナーサックスを買ってハマってしまったらと思うと恐ろしいですね。ますます勉強をする時間を確保するのが難しくなってしまうのですから。

少しは息抜きが必要なのも分かっているのですが、加減ができるかどうかなんですよね。でもやってみたい。

現にあきらめる材料を探している反面、思い切って買ってしまう理由を探している自分がいるんですよ。

防音の設備がなくて家で吹けない人や河川敷が家の近くにない人はカラオケ店に行って吹いたりするらしい、とか調べてしまってますからねぇ・・・

このブログの趣旨とは関係のない記事になってしまいましたが、いちおう雑記ブログでもあるので、たまにはいいかなと思っています。

もし、今後テナーサックスを買ってしまったら、正直にブログで報告したいと思います。

それではまた・・・

【2018年4月18日追記】

テナーサックスは買わずに済みましたが『BLUE GIANT』という漫画を代わりに買ってしまいました。

そして、漫画を読んでまたテナーサックスを買いたくなって困っています(笑)。