株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

FXのスキャルピングでのエントリーポイントが分からない

FXについての記事をブログで書くときに、よく私が言っていることですが、本当にエントリーするタイミングが分からないんですよね。

ものすごい悩んでいるんです。

どうにかして、自分なりのエントリーポイントを見つけたいんですけど、なかなか見つけることができません。

なので「自分なりのエントリーポイント」とか格好つけるのは止めにして、テクニカル指標の中で自分と相性の良さそうなものを探すことにしました。

悩んでいるとか言ってますけど、それはそれで楽しんでいるんで心配しないでくださいね。

FX会社のサービスにあるストラテジーで色んなテクニカル指標を試して楽しんでいるんで。

ただ、どうしても短期売買となると、機能するテクニカル指標が少ないような気がするんですよね。スキャルピングの欠点ですね。当然といえば当然なんですけどね。

1時間足だと機能するテクニカル指標も15分足だと機能しなくなってしまったりするからなぁ。

まぁ、そんなこともあって色々なテクニカル指標を試していたんですが、結局は自分が昔から使っていた「パラボリック」でエントリーしてみることにしました。

ただし、パラボリックだけでエントリーするのではなく、いままで使っていた移動平均線やローソク足の形や位置もエントリー条件に加えて試してみようと思います。

ちなみに、パラボリックというテクニカル指標を見たことがない方もいると思いますので、参考に画像を貼っておきますね。赤と青の点々がパラボリックです。

テクニカル指標のパラボリックを表示させたチャート

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

テクニカル指標の見方を簡単に説明すると、青の点がついているときは売り優勢、赤の点がついているときは買い優勢という感じで見ていただければと思います。

よく、エントリーポイントよりもエグジットポイントの方が大事、とブログや本では書かれていますが、そんなものはトレードが上手な人が悩むことだと思っています(笑)。

とにかく、私はもうエントリーしてすぐに含み損を抱えるのはコリゴリなんですよ。

今は、ナンピンをすることで何とかエントリーポイントのズレをごまかしていますが、これだと一度損切りにひっかかると5連勝した利益が一気に吹っ飛んでしまうんです。

これではやってられないですよほんとに。

「お前が下手なんだから仕方ないだろ」と言われてしまえば、何も言い返せないんですけど。

今回、試しに使用してみることにしたパラボリックを2、3ヶ月実際に使用してみてから、またブログで報告してみたいと思います。

ナンピンが少なくなると良いけどな。

過去の関連記事です。

www.kabufxshikaku.com

それではまた・・・