株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは日経平均株価やドル円の予想をしたり、トレード成績や資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告などを書いています。

日経平均株価は20,000円前後で1度目の反発〔株の月次報告〕

最近、忙しくてなかなかブログを書く時間がありませんが、月次報告くらいはしておこうと思って急いで書いています。

なので、誤字脱字等があるかも知れませんが大目に見てくださいね。

それでは、いつものように3月末の株のポートフォリオを公開して月次報告をした後に、4月5日時点での相場の状況や保有銘柄について書いていこうと思います。

2018年3月末時点のポートフォリオを公開

それでは、2018年3月末時点のポートフォリオを公開します。

2018年3月末時点の株のポートフォリオ

(ポートフォリオ参照元:SBI証券)

3月は日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信をナンピンすることもなく終わったので保有数の変動はありません。

それでは、2018年3月の運用成績を報告します。

3月の株式投資の運用成績は28,080円の損失でした。

その結果、2018年3月末時点の口座残高は、株式評価額641,660円と買付余力327,445円とを合わせて969,105円となりました。

2ヶ月連続で30,000円近くの損失を計上したので辛いですが、含み益はまだ200,000円もあるので、余裕をもってポートフォリオを眺めていられます。

こちらは、前月の株の月次報告です。

www.kabufxshikaku.com

日経平均株価は反発中だけど

それでは日経平均株価の今後について軽くですが、テクニカル分析をしておきます。

まずは、価格帯別出来高等を表示させた日経平均株価のチャート(1年日足・2018年4月5日時点)を表示させます。

2018年4月5日時点の価格帯別出来高を表示させた日経平均株価のチャート(1年日足)

(チャート参照元:SBI証券)

21,000円を割った後は勢いよく20,300円台まで下落してしまったのですが、そこから反発して現在は21,500円付近で推移しています。

20,000円前後で反発するとは思っていましたが、21,500円を超えてくるとは思っていませんでした。

ただ、すぐ上に80MAがあるので、上昇するとしても21,000円台までかなぁ 、なんて思っています。

いつになるかは分かりませんが、近いうちにまた20,000円前後での攻防が繰り広げられるような気がしています。

そこで、また反発したら、20,000円前後の支持は強いと判断してもいいかな、と個人的には考えています。

日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信を手仕舞いできず

次に、私が保有している日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信のチャート(1年日足・2018年4月5日時点)に価格帯別出来高等を表示させて軽く分析してみます。

2018年4月5日時点の価格帯別出来高を表示させた日経平均ダブルインバースのチャート(1年日足)

(チャート参照元:SBI証券)

チャートを見ると、200MAでしっかりと上値を抑えられて反落しているのが分かると思います。

200MA付近で利確しておけば良かったのですが、欲張ってしまいましたね。

株価が1,500円台のときに一部でも売却しておけばよかったのですが、1,800円前後が目標だったので売るのを躊躇してしまいました。

ただ、1,300円台の価格帯は出来高も多いので、このあたりで反発しそうな気がしています。

こうなったら、次に200MA付近まで株価が上昇しても、手仕舞いせずに保有を継続しようと思っています。

日経平均株価次第ですけどね。

あとがき

4月からFXのリアルトレードを再開することにしたので、そのための資金が必要になり、株の口座から250,000円をFXの口座に移動させました。

銀行口座から新たに250,000円を追加しても良かったのですが、年初に決めた1,500,000円という運用資金額はなるべく変更したくなかったので、株からFXに資金を移動させることにしました。

これで、株式投資750,000円、FX750,000円、合計1,500,000での運用となりました。