株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

トルコリラ円をテクニカル分析で予想した記事にアクセスが集中〔月次報告〕

トルコリラ円の下落で苦しいけれど、トルコリラ円がどこまで下落するかの予想がまぁまぁ当たっていたので嬉しくもあり、複雑な心境の裏道です。

4月から短期売買を再開していますが、メインで使用するつもりで口座を開設したFX会社のサービスが4月で終了するという事態になり、ほとんどトレードできていません。

今日は、FXに関する月次の報告だけでなく、現在の状況に関しても少しだけ書こうと思います。

それでは、2018年3月の期間損益報告書を公開してから、保有しているトルコリラ円とメキシコペソ円に関してや現在の短期売買の状況を少しだけ書いてみますね。

2018年3月のFXの期間損益報告書を公開

まずは、2018年3月のFXの期間損益報告書を公開します。

2018年3月のFXの期間損益報告書

(期間損益報告書参照元:マネーパートナーズ)

2018年3月末現在、トルコリラ円10,000通貨、メキシコペソ円10,000通貨をロングで保有しています。

トルコリラ円は一旦反発した後に、また下落してきて厳しい状況ですが、このまま保有を継続します。

それでは、2018年3月のFXの運用成績を報告しますね。

3月のFXの運用成績は、7,488円の損失(キャッシュバック20円を含む)でした。

その結果、3月末の口座残高は480,837円(評価損益とスワップポイント、キャッシュバックを含めた金額なので、期間損益報告書の受入証拠金残高と金額が違います。)になりました。

3月のトルコリラ円とメキシコペソ円のスワップポイントの合計額は2,952円です。前月よりは増えましたね。

スワップポイントは3,000円近くもらえているのですが、トルコリラ円がスワップポイント以上に下落して赤字になっています。

この先、どうなってしまうのか心配です。

まぁ、腹は括っていますし、下落した場合の対応も数ヶ月前から決めているので、トルコリラ円が急落しても狼狽えることはないと思いますが。

こちらは、前月のFXの月次報告をした記事です。

www.kabufxshikaku.com

トルコリラ円の予想が的中?

トルコリラ円の反転はいつになるんですかねぇ。

本当に困ってしまいますが、まだ10,000通貨だけの保有なので、そこまで慌てていない自分がいます。

どこまで下落するか分かりませんが、このまま保有を続けますよ。

そんなことよりも書きたいことがあるんです。

実は、1ヶ月程前にトルコリラ円がどこまで下落するのか予想した記事を公開したのですが、公開してからずっとアクセスが集中しているんですよ。

やはり、トルコリラ円をロングで保有している方は気になるんでしょうねぇ。

予想記事では、トルコリラ円が25.92円くらいまで下落するのではないかと予想しています。

実際のトルコリラ円は、25.38円まで下落したので、50pipsくらいの誤差はありますが、予想は的中したと言っていいような気がするのですが、どうでしょうか?

予想記事には、「26円前後というのは、当面の目安というだけで、そこが底値とは限らない。」とも書いてあります。

この予想も的中してしまうとすると、いったいトルコリラ円はどこまで下がるんでしょうか。

トルコリラ円がどこまで下がるか予想した記事に興味のある方は、記事を貼っておきますので読んでいただけると嬉しいです。

www.kabufxshikaku.com

メキシコペソ円は安定している

メキシコペソ円は、先月末の時点では含み損だったのですが、3月末の時点では含み損ではなくなっています。

レートも安定していますし、スワップポイントも1日12円くらいもらえているので、いい感じですね。

本当は、トルコリラ円が安定して、メキシコペソ円が下落してほしかったのですが、仕方ありませんね。

メキシコペソ円もこのまま保有を続けますが、5円くらいまで下落してもらわないと追加できないので、どうしたものかと考え中です。

トルコリラ円が落ち着くまでは、メキシコペソ円に関しては様子見ですかね。

NDD方式でスキャルピングOKの口座を開設したのに4月でサービスが終了

4月から短期売買を再開するので、心機一転新しいFX会社でトレードしてみようと思い、市場直結型でスキャルピングOKのFX会社に口座を開設したのですが、開設したその日に市場直結型でスキャルピングOKの口座のサービスが4月で終了するとのお知らせがありました。

うーん、残念ですね。

今後は、取引画面を一新するそうですが、NDD方式なのか、スキャルピングOKなのかも分かりません。

とりあえず、新しいサービスが始まるまで待ってみて、使い勝手が悪そうなら他のFX会社を探そうと思います。

なので、本格的にトレードを再開するのは、もうしばらく先になりそうです。

しっかりと環境が整うまでは短期売買の月次報告はやめて、いままでどおりの月次報告をしていこうと思います。

短期売買に関する月次報告は、おそらく5月か6月分くらいからになると思います。