株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

トルコリラ円の下落で含み損拡大〔FXの月次報告〕

今月は、トルコの大統領選挙があるので、どういった結果になるかソワソワしています。

まぁ、どちらに転んでも余程の事がない限り保有は続けると思いますけど。

それでは、2018年5月の期間損益報告書を公開してから、保有しているトルコリラ円とメキシコペソ円に関しての6月13日時点の状況を少しだけ書いてみます。

2018年5月のFXの期間損益報告書を公開

まずは、2018年5月のFXの期間損益報告書を公開します。

2018年5月のFXの期間損益報告書

(期間損益報告書参照元:マネーパートナーズ)

2018年5月末現在、トルコリラ円10,000通貨、メキシコペソ円10,000通貨をロングで保有しています。

アメリカの利上げに伴い、新興国通貨はさらに厳しい状況になっていくと予想されますが、資金管理を徹底し保有を継続したいと思います。

それでは、2018年5月のFXの運用成績を報告しますね。

5月のFXの運用成績は29,663円の損失でした。

その結果、5月末の口座残高は454,524円(評価損益とスワップポイント、キャッシュバックを含めた金額なので、期間損益報告書の受入証拠金残高と金額が違います。)になりました。

やはり、トルコリラ円の下落が影響しましたねぇ。

一時は5万円近くの損失になっていたような気がするので、3万円の損失で終わることができてほっとしたいところですが、6月にはトルコの大統領選挙があるので、これからが本番という感じでソワソワしています。

5月のトルコリラ円とメキシコペソ円のスワップポイントの合計額は3,057円です。

他にも短期トレード用の資金が250,000円あるのですが、メインでトレードするFX会社をどれにするか迷っていて、あまりトレードしていないので、ここでは省いておきます。

短期トレード用の口座をどれにするか決めないといけないのですが、なかなか忙しくて決めることができていないです。

スキャルピングOKなFX会社で安心してトレードしたいですね。

また決まったら報告します。

こちらは、前月のFXの月次報告をした記事です。

www.kabufxshikaku.com

トルコリラ円が一時22円台に

いやぁ、5月は思いっきり下落しましたねぇ。

一気に22円台に下落したので、損切りに引っかかってしまった方もかなりいたと思います。

とういうか、それを狙ったストップ狩りだったという噂もありますね。怖い怖い。

私は、かなり余裕を持った運用なのでロスカットされることはそうそうないと思うのですが、今後の展開次第ではどうなるか分かりません。

20.50円でナンピンする予定なので枚数も増えますし、そこからさらに下落したら危ない場面もあるかも知れませんね。

トルコ中銀が思い切った利上げをして、現在は23~24円台で推移していますが、選挙次第でどちらにでもいくと思います。どうなることやら。

そういえば、読者の方から「トルコリラ円がどこまで下落するか、もう一度だけ、一目均衡表のN計算値を使って計算してほしい」との要望が5月にあったので、以前に予想した記事の一番下に追記しておいたんですね。

そのときの下値の目途が「22.17円」だったんですけど、実際は「22.26円」まで下落して、その後は24円台まで反発しているんです。

偶然だとは思うのですが、一応は当たっていますね。

一目均衡表は、出来高の分からないFXでは頼りになるテクニカル指標なのかも知れないですねぇ。

そのときの記事を貼っておきますね。この記事の一番下に追記しています。

www.kabufxshikaku.com

メキシコペソ円

メキシコペソ円は、アメリカの利上げで少しずつ下落しています。

このままいけば、5円を割る場面もあるかも知れませんね。

そうなると、追加で10,000通貨保有することになりますが、こちらはトルコリラ円とは違ってもう少し保有したいと思っているので、下落するのは歓迎ですね。

トルコリラ円と違って下落しても安心して保有できます(笑)。

できれば、来年には30,000通貨くらいロングで保有できていたらいいのですが、どうなりますかね。

あとがき

今日は、FXに関する月次報告記事を書きました。

トルコの大統領選挙が迫っているので、6月は注目ですね。

できれば、上昇してほしいのですが、どうなりますかねぇ。