株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

トルコリラ円とメキシコペソ円の下落が止まりプラスで終える〔FXの月次報告〕

トルコの大統領選挙が終わっても、エルドアン大統領の就任宣誓や新内閣の発表等が7月9日にあるので、ソワソワしている裏道です。

何事もなく終わると良いですけど・・・

それでは、2018年6月の期間損益報告書を公開してから、保有しているトルコリラ円とメキシコペソ円に関しての7月8日時点の状況を少しだけ書いてみます。

2018年6月のFXの期間損益報告書を公開

まずは、2018年6月のFXの期間損益報告書を公開します。

2018年6月のFXの期間損益報告書

(期間損益報告書参照元:マネーパートナーズ)

2018年6月末現在、トルコリラ円10,000通貨、メキシコペソ円10,000通貨をロングで保有しています。

トルコリラ円とメキシコペソ円は、ここ数ヶ月の間、下落を続けていたのですが、やっと反転の兆しが見えてきた感じです。まだ安心はできませんが。

それでは、2018年6月のFXの運用成績を報告しますね。

6月のFXの運用成績は4,833円の利益でした。

その結果、6月末の口座残高は459,357円(評価損益とスワップポイント、キャッシュバックを含めた金額なので、期間損益報告書の受入証拠金残高と金額が違います。)になりました。

トルコリラ円やメキシコペソ円の下落が落ち着いたこともあって、スワップポイントの分だけ利益になったという感じですかね。

この先、上昇してくれると助かるのですが、どうなりますかねぇ。

6月のトルコリラ円とメキシコペソ円のスワップポイントの合計額は2,773円です。

トルコリラは利上げしているのですが、もらえるスワップポイントはほとんど変わっていません(笑)。

利上げしてからスワップポイントに反映されるまでのタイミングって決まっているのかな?

いままで調べたことがなかったので、時間があるときにでも調べてみようと思います。

他にも短期トレード用の資金が250,000円あるのですが、メインで使用するFX会社をなかなか決められなくて、いままで使用していたFX会社でしばらくの間はトレードしてみることにしました。

短期トレードを本格的に再開したら、月次報告記事で毎月報告していきますね。

こちらは、前月のFXの月次報告をした記事です。

www.kabufxshikaku.com

トルコリラ円の行方は明日決まる?

トルコの大統領選挙が終わって、トルコリラ円は上昇基調になっていますが、冒頭でも書いたとおり、7月9日にエルドアン大統領の就任宣誓や新内閣の発表等があるので、その内容次第では安値を一気に更新する可能性も残されているのではないかと注目しています。

できれば、エルドアン大統領の発言や新内閣の発表が好意的に評価されて、一気に上昇してほしいんですけどねぇ。

そうなったら、含み益が少し出たあたりで決済したいです。

やはりトルコは地政学的なリスクがありすぎて、経済成長が見込めるとしてもあまり長期で保有したくないですね。

まぁ、明日の発表がどんな内容になるのか注目することにします。

メキシコペソ円の含み損が解消された

メキシコも選挙が終わり、メキシコペソ円は急上昇しています。

「あと20銭でナンピン」というところまで下落して、そこから反転上昇していってしまったのが残念でなりませんね。

メキシコペソ円に関しては、7月8日時点で含み損もなくなって、スワップポイントと合わせると2,000円くらいの利益になっているので、もういつ決済しても構わないのですが、この上昇の勢いがもう少し続きそうな気もするので、あと少しだけ保有しておこうと思います。

あとがき

今日はFXの月次報告をしました。

6月は久しぶりに損失を計上しなかったので、ほっとしています(笑)。

長期で保有するのは株式投資だけにして、FXに関してはスキャルピングを中心とした短期トレードに集中したいんですけどねぇ。