株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

トルコリラ円の大暴落で阿鼻叫喚が聞こえる中ナンピン

いやぁ、トルコリラの急落キツイですね。

しかも、どこまで下がるか終わりが見えない状況ですからね。

デフォルトという終わりは近そうですけどね(笑)。

そんな中、無謀にもトルコリラ円を予定通りにナンピンしたので軽く報告しておきますね。

トルコリラ円を18.635円でナンピン

まずは、トルコリラ円の日足チャートを表示させて、どれだけの大暴落だったかを確認したいと思います。

トルコリラ円の大暴落

(チャート参照元:マネーパートナーズ)

ものすごい暴落ですね。

朝は20円くらいで推移していたトルコリラ円が、夜には一気に15円台後半まで大暴落したんですからね。約20%の大暴落です。

この大暴落でロスカットされたスワップ派の方がたくさんいるようで、あちこちで阿鼻叫喚が聞こえてきます。本当に怖いです。

次は私の番なのかと震えています。

トルコリラ円を保有した当初から、当ブログでは「トルコリラの利率が高いのには理由がある」とか「私は保有するけど他人には絶対にオススメしない」などと言ってきましたが、このチャートを見ると納得ですね。

私は、トルコリラ円が大暴落している最中、先月の報告記事でも書いたようにトルコリラ円を18.635円でナンピンしました。

ナンピンした後に15円台後半まで下落したので、熱くなってしまって、もう1枚増やしてやろうかと一瞬考えましたが、「これは短期売買ではないんだ」と思うことでなんとか踏みとどまりました。

トルコリラ円に関しては、昨年からの計画どおり30円で1枚、20円で1枚、10円で1枚の計3枚までとしたいと思います。損をするにしても50万円以内の損失でなんとか抑えたいですね。

現在10.50円で注文しているのが最後のナンピンです。

もしかすると、10円まで下落する前にデフォルトするかも知れませんが、そのときは仕方ありませんね。あきらめます。

現在保有しているトルコリラ円の平均レートは24.665円で15万円の含み損を抱えています。ただ、スワップポイントが4万円あるので、正味11万円の損失です。

おそらく、最大で50万円くらいの損失を被る可能性がありますが、50万円なら許容範囲なので、素直に損失を受け入れて、スキャルピングやデイトレードの腕を磨くことに専念しようと思います。

トルコリラ円はどこまで下がるか本当に分からない

出来れば、15円台後半が大底となってほしいのですが、現状トルコはアメリカと仲良くする気はないようなので、さらに下の可能性も十分にあるかと思います。

来週あたりは米国人拘束問題等でまた大きな値動きになる可能性があるので要注意です。私はすでにナンピンしてしまったので、見ているだけになると思いますが。

それにしても、先月の月次報告で書いた「アメリカと仲良くしない限り、いずれ20円台を割る」というのが、こんなにも早く来ると思いませんでした。

20円台を割るどころか15円台まで下落してしまいましたからね。しかも、1日で(笑)。

正直、下落するのは許せるんですよ。トルコの現状を考えたら仕方がないですから。

でも、それにしたって下落のスピードが速すぎませんかという話です。20円を割るのが保有当初に予想していたより1年以上早いんですよ。15円台なんて3年先だと思ってました。

ゆっくりと下落してくれたらスワップポイントが下落の損失をカバーしてくれるので、そこまで打撃はないんですけど、ここまで急激に下落されるとキツイです。

まぁ、急激に下落させないとショートでは儲からないんで、急落させるんですけど(笑)。

ちなみに、私は両建ては一切していませんので、下落したら下落しただけ損失が膨らみます。

このままだと負ける可能性がかなり高いのは分かっていますが、スワップポイント目当てで保有を開始したので、最後までスワップポイント目当てで保有する姿勢を貫きたいと思います。

もうね、「負けたってたかが50万」って心境になってしまってますね。駄目なんですけどね(笑)。

あとがき

今日は、大暴落をしたトルコリラ円をナンピンしたことについて書いてみました。

ブログを更新する際に、記事に誤字脱字がないか軽く確認したんですけど、あれですね、なんか文末の所々に書いてある「笑」の文字が切ないですね(笑)。