株とFXに興じつつ資格取得を目指す

当ブログでは、FXトレード(スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレード)の結果を公開したり、日経平均株価や為替相場の予想をしています。他にも資格試験(行政書士試験に独学で挑戦中)の経過・結果報告なども書いています。

【週間スキャルピング結果報告】負けるのが嫌で建値で決済してしまう癖を直したい

どうも。最近はスキャルピングをしている際に、イライラしなくなり平常心でトレードできるようになった裏道です。

それでは、さっそく先週のFXのスキャルピング結果をブログに公開し、感想や反省点等を書いていこうと思います。

FXトレードの結果報告(2018年8月第2週)

まずは、先週のスキャルピングの成績を公開します。

スキャルピング・デイトレードの損益(2018年8月第2週)

(期間損益報告書参照元:マネーパートナーズ)

1回の取引数量:1,100~3,300通貨

トレードした時間帯:15時45分~19時15分(この時間帯の2時間)

トレードした通貨ペア:ドル円(1回)ユーロ円(8回)、ユーロドル(9回)、ポンド円(1回)

先週のトレード戦績:19戦10勝2敗7分

先週の合計損益:+793円

先週の合計獲得pips:+32pips

スキャルピング用口座残高:106,764円

FXトレードの感想・反省

先週は、16時直前になってエントリーしてしまい、16時からの値動きで即損切りというのが2回あって、トレード開始直後から苦しい展開になることがあったので、これからは同じ過ちをしないように気をつけようと思います。

どうしても、16時直前の値動きに乗っかって利益を出したいと焦ってしまうので、これは絶対に直さないといけませんね。

しっかりと時間帯を意識したトレードを心掛けるようにしたいと思います。

それよりも気になった反省点は、タイトルにもあるようにすぐに建値で決済してしまうんですよね。

含み損から建値まで戻ってきたら決済するのはもちろん、含み益から建値まで戻ってきても決済してしまうんですよ。

19回のトレードの内、7回も建値付近で決済しているので、これをどうにか直したいと思っています。

負けるのが嫌なのは仕方ないんですけど、建値まできたらすぐに決済して逃げるのではなく、もう少しドッシリとしたトレードがしたいんですよね。

建値で決済した後の値動きを眺めていたのですが、7回中6回は利益方向に動いて10~20pipsは余裕で獲れていたので、そこはとても悔しいですね。ただの戻しにビビって決済してしまったわけですから。

きっと、回数をこなして検証もしっかりとして、少しずつ慣れていくしかないんでしょうけど。

先週は、反省点の多いトレードが目立ちました。今週からは気をつけたいと思います(お盆休み等であまりトレードはしないと思いますが)。

少なくとも16時をまたいだトレードは止めないといけませんね。

ただ、良かった点もありまして冒頭でも少し書きましたが、スキャルピングをしている際にあまりイライラしなくなったんですよね。待つことができるようになったという感じです。

昨年は、エントリーポイントがないとイライラして、チャンスが来るまで待てずにエントリーしてしまうことがよくあったんですけど、今年の7月くらいからはそれがあまりなくなりました。

仕事を辞めて時間に余裕ができたことが影響しているんですかね?

なぜイライラしなくなったかは分かりませんが、平常心でトレードができるのは良い傾向だと思うので、これからもこの精神状態が続けばいいなと思っています。

先週は、合計損益・合計獲得pipsともにプラスで終えることができたので、今週からは1,200~3,600通貨でのトレードとなります。

ただ、今週から来週までは、たとえ損益・pipsがプラスで終わったとしても取引数量は増やさずにいるつもりです。

何故かというと、今週から来週あたりまでは色々と用事ができまして、そこまでトレードをする時間がないからです。

お盆で色々と忙しいこともありますが、知り合いの仕事を少し手伝うので、いつもトレードをしている時間帯にトレードができないときがあるのが主な理由です。

1週間しっかりとトレードをしたうえで、利益が出ているか、pipsはプラスになっているかを確かめてから取引数量を増やさないと意味がないですからね。

あまり無理に取引数量を増やさずにのんびり行きたいと思います。

FXのスキャルピングをしている時は、トルコリラ円の下落に心を乱されないようにしないと(笑)。

こちらは、FXのスキャルピング結果を報告した過去記事です。

www.kabufxshikaku.com